ブログ開設にあたって


【ブログ開設にあたって】 活動の趣旨

 沖縄(本)島の名護市以北、山や森の多い自然豊かな一帯をヤンバル(山原)といいます。このヤンバルの東海岸に自然景観に恵まれた辺野古(へのこ)の海が広がっています。美しい辺野古の海は、沖縄県の環境保全指針で「自然環境の厳正な保護を図る区域」であるランク1とされていますが、それは沖縄島ではごくわずかになった自然海岸がみごとに残っているからです。

 ところがこの美(ちゅら、うつくしい)海、稀少な天然記念物・ジュゴンが餌(えさ)場とする豊かな海が今、埋め立ての危機に直面しています。日米両政府が辺野古沖海域とそれに隣接する大浦湾に巨大な米軍基地を建設しようとしているからです。新基地は軍港施設を合わせ持つ、オスプレイや戦闘機用の飛行場です。
 
 2013年末、仲井真(なかいま)沖縄県知事は県民の大多数の反対の声を押し切って、防衛省が申請した辺野古埋め立てを承認しました。しかし14年1月19日におこなわれた名護市長選で名護市民は「辺野古の海にも陸にも基地を造らせない」ことを公約として掲げた稲嶺進(いなみね・すすむ)前市長を再度当選させ、「辺野古新基地建設 NO!」の意思を鮮明に示しました。

 主権在民原理に立つ民主主義の国であれば、政府はこの名護市民の意思を尊重し基地建設計画を取りやめるはずです。ところが、安倍政権は市長選のわずか2日後、埋め立てを進める手続きを開始したのです。埋め立てをおこなうには諸工事が自然環境に及ぼす影響を調査しなければなりませんが、防衛省はその調査を請け負う民間企業を募集する入札の公告を強行しました。この政府の姿勢は名護市民をはじめとする沖縄県民の「新基地建設 NO!」の意思を正面から踏みにじるものであり、県民から激しい怒りが湧き起こっています。

 ところで防衛省が求める「調査」の結果が同省にとって都合のいいものになることは言うまでもありません。そこで私たちは調査を請け負う民間企業に防衛省に協力しないよう働きかけようと思います。このブログは防衛省の動きを監視し、調査を請け負う企業の特定に努めます。そして調査を請け負う企業が判明したら、それらの企業が防衛省による美しい辺野古の海の埋め立てに協力しないよう要請する活動を全国のみなさんに呼びかけようと思います。

 辺野古新基地建設を阻止する方法はいろいろ考えられると思いますが、私たちのこの活動はそれらの動きの一環として大事な役割を果たすと思います。
 このブログは事実を正確に伝えます。みなさんが情報を活用してくださることを心から期待します。        本ブログ編集部 2014年2月20日     

2018年10月15日月曜日

大成抗議:10月16日17:30~@新宿センタービル本社前&新宿西口地下スタンディング

定例の大成建設抗議を行ないます。17:30~新宿センタービル前と18:00~西口地下でのスタンディングです。よろしくご参集ください。

2018年9月19日水曜日

五洋抗議:9月25日(火)17:30~@飯田橋駅東口

雨が酷いので、今日は中止し、来週10月2日17:30~に延期します。連絡が遅くなりごめんなさい。

いつも通り、五洋建設本社のある飯田橋駅東口でスタンディングとチラシまきを行います。よろしくご参集ください。

大成抗議:9月18日(火)報告@福岡九州支店

2018.9.18大成建設要請行動報告

参加人数は7人。今日は新しくHさんという女性が参加された。ビラ配りも一人一人に丁寧に渡してあった。仲間が増えるととてもうれしい。Y1さんは肩の骨折で大変なことになってるのに、参加して発言もビラ配りもされていた。少人数だけどみんな一生懸命だ。大成建設に対する怒りがあるからだろう。今回はシュプレヒコールの中身を増やしたけど、Y2君の元気なシュプレヒコールはいいなー。上までしっかり届いているだろう。

(1)要請書による訴え(Fさん)
要請書
 辺野古米軍新基地建設工事の受注を撤回し,工事の即時中止を要請します。
  私達は、沖縄県名護市・辺野古に米軍基地は作らせないことを選挙で示し、平和のために行動し続ける沖縄県民と連帯して福岡で行動する市民の集まりです。
  
私達は、20146月に御社が国から受注した辺野古への米軍新基地建設工事の中止と撤退を求めます。
 沖縄防衛局は、817日から土砂投入をやると言っていましたが、727日、故翁長武志知事はあまりにも杜撰な工事とその手続きのため、承認を「撤回」することを表明しました。そして、翁長さんは731日に沖縄防衛局に「聴聞通知書」を交付しました。しかし、88日、翁長さんは膵臓ガンのため急逝されました。残念です。そして、89日に、県は「聴聞」を開催し、手続きの延長を求めた防衛局の訴えを退けて、「聴聞」を終結しました。県は防衛局の反論を検討した結果「撤回」が相当だとして、831日に副知事の謝花喜一郎氏と富川盛武氏によって、翁長さんの意志をしっかり受けとめ「撤回」がなされたのです。国は新基地建設を進める法的根拠を失い、海上の工事は止まりました。
 この承認「撤回」の理由は大きく4項目に渡っています。

   第一:「埋め立て地の用途に照らして適切な場所」に適合していないと認められる。と述べています。
  ①非常に緩い、軟らかい地盤で、液状化の危険性があり、護岸を構築した場合、圧密等による沈下等が生じる可能性があると認められる。
  ②活断層の存在が指摘されている箇所を海兵隊飛行場建設のための埋め立て地場所として選定することは、公有水面埋立承認審査基準の「埋め立て地の用途に照らして適切な場所」と言えない。
  ③米国防総省の統一施設基準書では、高さ制限を設定している。国立沖縄工業高等専門学校や米軍辺野古弾薬庫や沖縄電力の鉄塔、久辺小・中学校やマンションが高さ制限に抵触する。
  ④辺野古新基地が完成しても、統合計画における返還条件が満たされなければ(滑走路が短い)、普天間飛行場は返還されないという、元稲田明美防衛大臣の国会答弁により、埋立必要理由書に示された辺野古新基地の埋立理由が成り立っていないことが明らかになったことにより、辺野古新基地を建設するために辺野古沿岸を埋め立てることは「国土利用上適正且合理的なること」の要件を充足していないと認められる

第二:本件承認処分の留意事項の第1項は、「工事の施工について工事の実施設計について事前に県と協議を行うこと」としているが、事業者は、工事の実施設計について事前に協議を行うことなく、201727日に汚濁防止膜設置の海上工事に着工し、同年425日にも事前協議を行うことなく護岸工事に着工し、留意事項1に違反をしたものと認められる。沖縄県は、留意事項を遵守するよう行政指導を繰り返してきたが、事業者はこれに応じないで工事を続行し続けてきたものであり、留意事項1違反について取消処分に及ぶことはやむを得ないものと認められる。

第三:「災害防止につき十分配慮」の要件を充足していない。
1 ①緩い軟らかな特殊な地形・地質が判明し、地盤の液状化や圧密等による、護岸の沈下の危険性が認められる。また、設計概要説明書に示された安定計算の前提が覆滅しているものと認められる。
  ②地盤の圧密度N値0の所も多数見られ、埋立承認時の判断の前提が覆滅している。
2 土質調査の結果、埋立区域の海底に活断層が存在すると指摘され「用途に適した地盤になるよう災害防止に十分配慮」に適合してないと認められる。
  ①滑走路が予定されている海底に活断層の存在が地質学者から指摘され、災害のリスクについて、東北大講師・遅澤壮一氏は、「滑走路を横切る段差が生ずる恐れ」を指摘し、加藤祐三琉球大学名誉教授は「大浦湾には活断層と推定される谷地形が存在し、それが基地建設予定地の下を走っている。したがってこの断層が活動したとき、基地建設を行ったがゆえの深刻かつ重大な被害が発生する」と指摘している。
 また、遅澤壮一氏は、同断層は2万年前以降に繰り返し活動した、極めて危険な活断層である。と指摘している。原子力発電所の建設に際しては、「12万年~13万年前以降の活動が否定できないものとし、必要な場合は約40万年前以降までさかのぼって活動性を評価する。」と原子力規制委員会は言っています。
地質学者から指摘を受けている場所を埋立区域として選定することは「災害防止に付十分配慮」の要件を充足していないと認められる。
  ②事業者は、辺野古沿岸域における活断層の存在を示す記録はないと主張する。しかし、そのことは活断層を否定する論拠とはならない。(記録がないから活断層でないということにはならない)

   第四:「環境保全につき十分配慮せられたるものなること」の要件を充足していない。
  環境保全対策について協議を行わずに工事に着手し、留意事項に違反している。
サンゴやジュゴンに関する環境保全措置が適切でない。事業者のいい加減な措置が詳細にわたって指摘されています。サンゴについては、レッドリストサンゴ13群体の死亡・消失した問題や、ジュゴン個体Cについて、20157月以降確認されなくなった問題等も指摘されており、環境保全措置の杜撰さがうかがえ、恐ろしい環境破壊が予測されます。怒りあるのみです。その他次のようなことが指摘されています。

・海草・藻類を移植・移築せずに工事に着手したこと。
・サンゴ類を移植・移築せずに工事に着手したこと。
・絶滅危惧種ウミボックスを移植・移築せずに工事に着手したこと。
・傾斜堤護岸用石材を海上搬入したこと。
・辺野古側フロートを設置したこと。
・変更承認申請を行わず施工順序の変更をしていたこと。

事業者は,留意事項2(環境保全対策、環境監視調査、事後調査などについて、県と協議を行う)に基づく事前協議が整わない状態のまま工事を強行しており、留意事項4(環境保全図書を変更する場合は知事の変更承認が必要である)に違反の状態で工事を強行している。このような工事により、環境保全に支障をきたすことは明らかである。県側の再三にわたる行政指導にもかかわらず、これに従わず工事を継続している。行政指導に従う意志がないものと認められる。事業者に付された地位を存続させることは相当ではなく、取消さなければならないものと認められる。

事業者は「総論」として、本件取消処分について、撤回制限法理により制限されるべきこと及び本件取消処分が著しい行政権の濫用であることを主張しました。これに対し県は、撤回制限法理は、あくまでも行政に依存する私人の信頼保護のための例外的法理であり、主体的に形成するべく義務付けられている国やその機関が、撤回制限法理を主張することは背理であり認められない。(スラップ裁判のようなもの)
本件承認処分に付された留意事項25を事業者が遵守しないという、事業者に起因する理由に基づく取消処分であり、また、事業者が留意事項に違反して強行した工事にかかる支出を損害として主張しているものであり、事業者には撤回制限法理による要保護性も認められない。
県は唐突に取消処分に及んだ物ではなく、県が事業者に対して、協議を行う前に工事を着工することは事業者の義務違反であると繰り返し行政指導を行っても、事業者が指導に従わずに工事を続行し続けて来た結果、公益上看過しえな事態に至ったことから、本件取消処分に至ったものであり、さらに、本件取消処分の判断に際しては、行政法学者及び自然科学の各分野の学者に意見を求めてその専門的意見を十分に尊重して判断をしたものであるから、行政権の著しい濫用との主張にも根拠がない。以上のとおり、事業者が「総論」としてする主張にも理由がない。

この「撤回」理由を読むと、国が沖縄人民の民意を踏みにじり、やりたい放題のことをやっている。留意事項はことごとく踏みにじられ、行政指導を繰り返しても応ぜず、災害防止、高さ制限、環境保全は守られず、ただ米軍の基地建設のためには、留意事項も何も吹っ飛ばす。そして、大成建設など企業は金のためには国の言いなりで、杜撰な工事を強行する。故翁長知事と謝花副知事と富川副知事、そして沖縄の人々の無念さが伝ってきます。「撤回」しかなかったのです。

大成建設はこれ以上沖縄にいてはならない。辺野古の工事を続けてはならない。これ以上沖縄を傷付けてはならない。今すぐ撤退しなさい。いずれにしても、辺野古の基地建設はできないのです。あなた達が作った関西新空港でさえ沈没したり、今回の台風被害で高波で水没しましたね。辺野古の軟弱地盤と活断層の上にどのように基地を建設するというのでしょう。これ以上被害を拡大しないうちに辺野古から退散してください。

(2)個人の訴え

●Y1さん
大成建設のみなさん、今、要請文を読んだことで、みなさんにも分かったと思いますけれども、大成建設は県によって、工事を中止するように言われたということです。それは何故かというと、工事をするにあたって必要な県との話合いもこの事業者である大成建設は無視していたからです。工事をするにあたっては、自然保護のための規則やサンゴの保護などの仕事もあるはずです。でもそういうこともせずに県との約束である環境を守るということもしなかったのです。その結果県として、事業の中止を求めるこのような事態になりました。
大成建設がこの間行っている米軍基地建設の問題は、単に環境破壊だけではなく、非常に危険な場所に造っているからでもあります。海の底に土砂を投入するときに、コンクリートの固まりを沈めてその上に基地を造るということなんですけども、その土地自体が非常に軟らかい、豆腐のような地盤であることもわかりました。そこに海上の基地を造れば、いつグツグツと沈むかもわかりません。そういう危険なことが目に見えているから、工事を中止して欲しいと申し入れているのです。
それに今造ろうとしている海上の滑走路の先端には極めて深刻な地震が起こる可能性があるのです。これは活断層と言って、丁度滑走路の先端の場所に当たります。しかし、だいたい活断層の上には建物を建ててはいけないし、特に、危険に晒されたら大変なことになるような、飛行場の滑走路を造るなどということは、とんでもないことなのです。
また、事業計画というのは、県と事業者である国や大成建設が工事をするに当たっては、細かい話し合いで合意をしなければ、工事をしてはいけないということになっていました。しかし、その合意を無視して県に何の許可も求めずに、サンゴの移植もしない、工事も勝手にやる。どんどん工事をやる。という県を全く無視した工事のやり方進め方に対して、もうやめてもらいたいと、こういうやり方では、一切県の注意を無視した上で、やるようなことでは非常に危険であり、自然を破壊し、更には県と国が事業者との取り決めもない。そういうことで事業認定を取り消したのです。
大成建設はそのことを反省してほしいと思います。大成建設は私達に対しても、話し合いをしようとしませんけれども、それはもともと県や沖縄県に対して大成建設が一切意見を聞かずに仕事をしていくという態度に始まっています。そもそも、沖縄の知事や行政の意向を無視した上で、工事を強行していくというようなことが、許される訳がない。大成建設はそういう違法なことをやっておきながら、るんるんとした顔でこのような博多の町中でビルを建て、市民の意見も聞こうとしないではないか。こんなことで果たして立派な企業と言えるのでしょうか。全く言えない。
この辺野古の工事はいろいろな点で違反が多いと思います。高さ制限というものも、航空法に決まったものです。高さ制限というのは、その飛行場の周りに高い建物があると飛行機がぶつかるかもしれないから、この周りは平べったい土地でなくてはいけないし、その高さも制限がつくわけですが、この辺野古の基地の周りには、その高さを違反した建物がたくさんあるのです。その法律違反の工事を行っておきながら、この法律を無視しても構わないというのが、この大成建設の考えでしょうか。
私達は毎回、大成建設の前に来て、そういったことを話していますけども、一切そのことの要請書も受け取れないということは、正に一貫して工事を強行し、県の言う事も馬耳東風である大成建設の態度そのものなのです。そのため、この度沖縄県は、事業認定を取り消すという処分を行いました。つまり、この大成建設が工事をしてはいけないという決定を、県がおこないました。これは非常に重たい決定です。大成建設は自分がやってきた違法なことについて反省し、そして、このように反対の声を無視して強行するということについて反省し、すぐに工事を撤回することが正しい道なのだと思います。
やり方が悪いというだけではありません。この米軍基地建設のために私達の日本の将来が戦争に向かって行くかもしれないと考えて、沖縄の人達は反対し、私達も反対しています。今もう、戦争経験者が少なくなっています。そのため、あの沖縄の地上戦で、多くの住民が殺されたその記憶も無くなっていくお年寄りが多いので、私達の心の中に戦争の記憶がだんだんと薄れていっているということがあると思います。しかし、そういうことを繰り返してはいけないと、戦争で亡くなった人達の気持ちや、住民が日本軍によって虐殺されたという沖縄の住民の歴史を学んだり思い起こしたりする中で、再び戦争の惨禍を引き起こしてはいけないと思います。
大成建設はお金を儲けるためならば、戦争に向かって準備しているこんな工事すら喜んでやっていこうとする企業です。私達の声も無視し、また現地では沖縄県の声も無視し、沖縄県と協議をすることもない、そういう尊大な大成建設を許すことはできません。

●Fさん
 大成建設の辺野古新基地建設工事は、キャンプシュワブ・ゲート前で、ダンプトラックの搬入に反対する住民に、警察・機動隊が暴力で襲いかかり、脳挫傷の怪我人を出したり、肋骨を折られたり、逮捕したりの弾圧を繰り返しています。海上では、海上保安官のすさまじい暴力と弾圧が繰り返され、首を絞めたり,頭を海中に沈めたり、カヌーをひっくり返したり、船を転覆させたり、やりたい放題の弾圧がなされています。
また、時には米軍基地から米軍の軍警がいきなり出て来て、逮捕していくこともあるのです。人の命なんか何とも思わない米軍ですから、軍警が一番恐ろしいです。理由も聞かずに逮捕し、ずぶ濡れの人を4時間も放置し、基地内は日本人の権利は通じず、弁護士もいないのです。
 大成建設は、このような警察・機動隊や海上保安官や軍警の凄まじい暴力と弾圧に助けられながら、世界の人民虐殺のための米軍基地造りをやっているのです。
そのような中で、先日95日「ラブ子号転覆事件、国賠訴訟の口頭弁論」が沖縄の那覇地方裁判所で開かれました。ラブ子号転覆事件は2015428日、沖縄が本土から切り離された屈辱の日に起こった事件です。
那覇地裁では4人の証人尋問が行われました。その証言を聞いて大変驚かされました。聞いただけで、大変怖い思いをしました。怒りあるのみです。それを紹介します。
「先ずYさんの証言です。Yさんは、仕事の関係で沖縄に来ることが出来ず、本土の裁判所と那覇地方裁判所105法廷とのテレビ中継での証言となりました。
Yさんは当時操縦していたHさんと一緒にラブ子号の操縦席近くにいました。海上保安官たちが無理矢理ラブ子号に乗り込んできて、船首にいたKさんを押さえ込みました。そして別の海上保安官が、Yさんの所に来て、サングラスを手で叩き落とし、体を後向きにさせられて、身動きできなくなりました。定員以上の海上保安官が乗り込み、さらに海から1人の海上保安官が、船の横の船縁に手をかけて上がろうとしたため、船は大きく傾きました。そして、Yさんは海上保安官に押さえ込まれたまま、船はそのまま沈んでしまいました。
Yさんは、海の中からやっと浮かび上がったとき、1人の海上保安官に後から捕まり、前から来た別の海上保安官が首を掴んで何度も海の中に頭を沈められました。体が冷え、意識が遠のいていきました。
これは殺人ではないのか。Yさんは殺されそうになっていたのだと私は思います。海上保安官は、海に落ちた人を助けるのが仕事ではないのか。
Yさんは海上保安官のゴムボートにあげられた時は、声は聞こえるものの、意識が余りない状態でした。寒かったし,気分が悪く、吐き気を覚えました。次に記憶があるのは、港で救急車の音を聞いたときです。
北部病院で電気毛布にくるまれ、海水を飲んだため、咳き込みは続いたが、体はやっと温まったといっています。
Yさんのテレビ映像による証言の後、101号法廷で、残りの3名の証言がありました。
Kさんは、船首にいて、最初に海上保安官に押さえ込まれたが、海上保安官がYさんに暴力を振るっているため、声をあげて抗議をしました。
操縦していた船長のHさんも、乗り込んできた海上保安官に仰向けに倒され、そのまま押さえ込まれました。そして船が転覆するまで仰向けに倒されたままだったといいます。
もう1人の乗員のSさんは、乗り込んできた海上保安官が、いつも暴力行為を続けている「海保太郎」だと思い、このままでは自分も怪我をさせられる怖いと思って、海に飛びこんだそうです。そして、海から転覆させられる状況をビデオで記録しています。」

この裁判を傍聴していたCさんは、このラブ子号の転覆事件の2ヶ月ほど前に、船長として海に出ていたが、船は臨時制限区域の外であったにも係わらず、海上保安官が船に乗り込んできて、暴力を受け、全治2ヶ月の大怪我をさせられたそうです。さらに、抗議船「不屈号」も海上保安官の船にぶつけられて、大きく破損したそうです。
このように海の警察・海上保安官は中立の立場で、人命を助けるのではなく、ただただ国のため資本家を助けるために使われ、基地建設に反対する人民を痛めつけ、殺さんばかりに襲いかかるのです。
ご通行中のみなさん、ここに参加いただいているみなさん、沖縄で今何が起こっているのか、辺野古の海でどんな暴力が平然と打ち振るわれているのかを知って下さい。
この私達の前のビルに納まっている大成建設は、今、沖縄の名護市辺野古の海を破壊し、沖縄の民意を無視して、米軍基地、辺野古新基地建設工事を強行しています。沖縄の人々はもうこれ以上基地はいらない、人殺しのための基地はいらないと反対しているのです。しかし、大成建設は警察機動隊や海上保安官の凄まじい暴力を使い、反対する住民を蹴散らしながら、工事を強行しているのです。許すことはできません。
この写真を見て下さい。これが先日95日に沖縄那覇地方裁判所で行われた裁判のラブ子号の転覆写真です。この海上保安官によって転覆させられる様子はテレビのニュースでも映像が写し出されています。そして、海に投げ出された人々は助けられるどころか、海上保安官により、頭を何度も海に沈められ、意識朦朧となったのです。救急車で病院に運ばれ命は取り留めましたが、このように暴力を振るう海上保安官を許すことはできません。
大成建設はそういう海上保安官や警察機動隊に守られながら、米軍の辺野古新基地建設工事を強行しているのです。許すことはできません。みなさんここに来て抗議の声をあげてください。大成建設は辺野古から撤退せよ。大成建設は基地建設をやめよ!

(3)シュプレヒコール(Y2さん)
シュプレヒコール  シュプレヒコール
大成建設は、10月からの土砂投入をやめよ~
辺野古の海の土砂投入をやめよ~
ジュゴンの海を壊すな~
ウミガメの海を壊すな~
サンゴの海を壊すな~
世界の人々を虐殺する基地建設をやめよ~
大成建設は基地建設から撤退せよ~
大成建設は沖縄から手を引け~
大成建設は戦争政策に加担するな~
安倍首相の戦争政策に加担するな~
10月からの土砂投入をやめよ~
沖縄県民の民意を考えない基地建設をやめろ~
沖縄県民にこれ以上基地を押しつけるな~
軟弱地盤の上に基地はできないぞ~
活断層の上に基地はできないぞ~
高さ制限を無視して基地を作るな~
辺野古住民の危険を考えない基地作りをやめろ~
大成建設は沖縄の自然を壊すな~
大成建設は沖縄のジュゴンを守れ~
ウミガメを守れ~サンゴを守れ~
大成建設は自然破壊をやめろ~
人殺しのための基地建設を放棄せよ~
10月からの土砂投入をやめよ~
オスプレイが100機も配備される軍事基地作りをやめろ~
軍港機能を持つ基地作りをやめろ~
核弾薬庫と隣接する軍事基地作りをやめろ~
大成建設は戦争政策に加担するな~
安倍政権の戦争政策に加担するな~
基地建設を放棄せよ~
沖縄から撤退せよ~
撤退するまで闘うぞ~
たたかうぞ~たたかうぞ~たたかうぞ

2018年9月17日月曜日

大成抗議:9月18日(火)17:30~@新宿センタービル本社前&新宿西口地下スタンディング

いつも通り、新宿センタービル前で大成建設に対する抗議をします。今、埋め立て承認撤回で工事は止まっていますが、今後どのようになるかは分かりません。知事選に向けて頑張る沖縄の人々に連帯して声をあげましょう。6時過ぎからは新宿駅西口でスタンディングです。よろしくご参集ください。

2018年9月5日水曜日

大成抗議:8月28日(火)報告@福岡九州支店

2018.8.28大成建設要請行動報告

要請行動の参加人数は7人でした。今回は久し振りにTさんが参加され,発言もしていただきました。それからSさんの呼びかけで参加されたY3さんはシュプレヒコールをしていただきました。若々しく大きい声で響き渡りました。あと1人、Sさんから呼びかけられたという人がいました。次回はきっと来てくれると思います。

(1)要請書による訴え(Y2さん)
要請書
 辺野古米軍新基地建設工事の受注を撤回し,工事の即時中止を要請します。
  私達は、沖縄県名護市・辺野古に米軍基地は作らせないことを選挙で示し,平和のために行動し続ける沖縄県民と連帯して福岡で行動する市民の集まりです。
  私達は、20146月に御社が国から受注した辺野古への米軍新基地建設工事の中止と撤退を求めます。
大成建設は辺野古埋立「土砂投入」を中止してください
沖縄防衛局は612日に、県に対し「817日から辺野古沿岸部の埋立工事を始める」との通知を提出し、発表しました。2020331日までを工期とし、63410㎡を埋め立てるとしています。
 辺野古大浦湾には貴重な生物が数多く生息している生態系を有しています。一つの区域でもその破壊を行えば、取り返しのつかない影響が出てしまいます。
オール沖縄会議は辺野古の埋め立て土砂投入に反対し、翁長知事を追悼する県民大会を那覇市の奥武山陸上競技場で開催し6万人が参加しました。これが沖縄の民意です。
大成建設は取り返しのつかない自然環境破壊である土砂投入を中止してください。
国が県に対して1日2000万円の損害賠償請求は卑劣な恫喝だ
 故翁長雄志知事は、6月12日に、報道陣に対し、埋立承認について、「環境保全措置などについて看過出来ない事態となれば、私は躊躇することなく、『撤回』を必ず行う」と述べました。この意思は県の謝花(じゃはな)喜一郎副知事が受け継いでいます。
  政府は、県が承認を撤回した場合、工事の遅延損害金が1日約2000万円発生すると見積もり、撤回処分の是非を巡る行政訴訟で勝訴した際には、県に損害賠償請求することを検討しているそうです。国が、弱い立場の相手に多額の損害賠償金を負わせて屈服させようとするスラップ訴訟は高江のヘリ基地建設のときにも国が住民に対してやった手口でした。相手に莫大な負債を負わせることで屈服を迫ろうとするものです。
  沖縄県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回に備え、政府が県への損害賠償請求を検討していることについて、県の謝花(じゃはな)喜一郎副知事は20日朝、県庁で記者団に「覚悟を決めている」と述べました。政府が沿岸部に土砂を投入する前に承認を撤回し、工事を止める考えを重ねて示したのです。 立派な決心だと思います。
  大成建設はこの民意を真摯に受け止めて、国の卑劣な手口を恥じ,土砂投入を中止してください。
ケーソン護岸は深さ40mの軟弱地盤!基地建設は不可能だ!
 さらに大浦湾には問題があります。沖縄防衛局が2014年、15年に実施した海上ボーリング調査報告書によると辺野古先C1護岸付近に大きくくぼんだ谷形成が確認されました。海底ボーリング調査の具体的データーが開示され、大浦湾の海底のその地帯には厚さ40mもの「非常に緩い,柔らかい地層」があるということが明らかになり、「構造物の安定、地盤の圧密沈下、地盤の液状化の詳細検討を行うことが必須である」とされているのです。そのためケーソン工法は無理だということで工事計画が頓挫しているのではありませんか?
 大成建設は辺野古新基地建設をあきらめ、大浦湾の破壊を進める土砂投入をやめてください。
危険な活断層の上に滑走路を造らないでください
 また、この辺野古新基地建設予定地海域には辺野古断層と楚久断層という2本の断層が走っていることが分かっています。2000年に防衛庁が提出した「海底断層図」において、大浦湾海底部の約60m沈下した場所を「断層と考えられる落ち込み」と記載しています。そのため沖縄防衛局は大型掘削調査船「ポセイドン1」でこの区域において約120か所も音波探査を行っています。
 故翁長知事が防衛局に出した埋立承認「撤回」のための「聴聞通知書」には、「不利益処分の原因となる事実」という文書が添付されていて、そこでは、「活断層」について、次のように指摘しています。
「埋立区域付近の陸上には、辺野古断層という活断層が存在することが文献において示されていたものであるが埋立対象区域の上記海底谷地形は活断層の位置を示していると推定されるとの指摘がなされた」 
「遅沢壮一氏によれば、本件承認処分後の土質調査における音波探査調査及びボーリング調査のデータを検討し、上記海底谷地形は辺野古断層であると認められるとの判断を示し、同断層は2万年前に以降に繰り返し活動した、極めて危険な活断層であると指摘している」
 防衛局、上の地層断面図の大浦湾の60mもの落込みを「断層によると考えられる」と認めています
加藤琉球大学名誉教授らは、琉球層群の落込みについて、「数十万年前に動いたものであり、活断層の疑いが強い」としていますが。さらに、「沖積層も10m以上、切れているように見える」と指摘し、もし沖積層が切れているのであれば、1万年ほど前に動いたものであるから、「活断層中の活断層だ」と言われていです
 活断層の認定基準については、数十万年前以降に活動したもの、あるいは、160万年前のもの等、様々な見解があります。原子力発電所の建設に際してすら、「12万~13万年前以降の活動が否定できないものとし、必要な場合は約40万年前以降まで遡って活動性を評価する」とされています(原子力規制委員会)。
 遅沢氏は今回、防衛局が出した調査データーをさらに検証し、この断層は「2万年前に以降に繰り返し活動した、極めて危険な活断層」であるという意見書を提出されたのです。
この指摘を謙虚に受け止め、大成建設は新基地建設計画を断念してください。

(司会)有り難うございました。今述べられたようにこの辺野古基地建設は活断層が走っていれば、そこに建造物を造ると言う事は、まずありえません。つまり辺野古新基地建設は無理であると言う事が、証明されているわけです。
2)個人の訴え
Tさん
ご通行中のみなさん、こちらは大成建設による沖縄辺野古基地建設に反対して、九州支社の前でアピールをしている市民グループです。目の前のビルの中に大成建設の九州支社があります。大成建設は、沖縄の辺野古基地が大変問題になったますけれども、先日亡くなる直前に沖縄県の翁長知事がこの建設の撤回をすると表明しました。まだ実際に撤回はされていませんけれども、まもなく撤回が行われると思います。このように沖縄県民の民意に反して、造られる辺野古の基地、それでなくても沖縄には日本の米軍基地の7割以上があるわけですね。これ以上に美しい辺野古の海を埋め立ててアメリカ軍の基地にするということは、工事が進んでいますけれども、その工事を主に受けているのが,目の前のビルにある大成建設です。その九州支社がこのビルの中にあります。なぜか看板が掲げられていませんけれども、間違いなくこの中に大成建設の九州支社があります。この会社が辺野古の海を埋め立てる工事を請け負っております。このような状況に私達市民はこれを黙っていることはできません。これを沈黙することは、これを承認をあたえることになります。そのようなことは許されません。沖縄県は私達日本国の一部です。沖縄県民にこのようなとんでもない負担を押しつけていることになってしまうこの工事を率先して勧めているのが、目の前の大成建設、目の前のビルの中にいる大成建設です。これが沖縄の辺野古基地を造っているわけですね。このような会社を目の前にして,市民は黙っていることができない。何度も何度も会社に面会を求め、話し合いを求めていますが、会社はゲートを閉ざして,私達を入れようとしません。まともに私達の文書を受け取ろうとさえしません。このような大きなこのような公的な会社がこのような態度でいいのでしょうか。市民の声を全く聞かないというのが、この大成建設の実態です。大成建設と言えばつい最近の博多駅の前の陥没事故。あれの大きな責任を負っている会社ですね。その会社が沖縄の民意に反した基地建設、美しい海を壊す基地建設、ジュゴンの海を壊す基地建設をしているわけです。これをみなさん黙って見ておることができますか。これを黙認することができますか。この大成建設の支社を抱えている福岡市の市民としてこれを黙認することができるでしょうか。これは到底倫理に反すると思います。黙認することが出来ない。ということで私達は、何年も前から,月一回この会社の前で抗議行動を行っております。そもそも辺野古の基地というのは普天間基地の移設と称されておりますけれども、もともと普天間基地と言うのは、戦争が終わった後、アメリカ軍がブルドーザーと銃剣で土地を強奪した所に造った物です。無条件で返還すべき物です。実際10年ほど前の日米合意では無条件に返還すると,移設などということは一言も無かった。それをいつのまにか移設移設といって辺野古基地反対を移設反対などと言っておりますけども、とんでもないことです。無条件に普天間基地は撤去しなければならないし、新しい基地はそれ以上造ってはならない。それが本当の解決策です。目の前の会社は沖縄県民の民意に反する。沖縄県の翁長知事は亡くなる直前にこの基地建設の承認を「撤回」すると表明しました。そもそもこの基地建設の撤回を公約して知事になったわけです。ですからこれは沖縄県民の民意であります。その民意に反して建設を進めているのが目の前のビルに入っている会社、大成建設です。このようなことを黙って見過ごすことは出来ないと思います。市民のみなさんこれを黙認することができますか。会社だけではなく会社を合成する個人個人にも責任があります。科学技術の倫理の教科書には正義に反する命令を会社から受け取った場合には、これを拒否するそれに従わないということが可能だということがはっきり書いてあります。それが組織的不服従、組織上の不服従という項目として科学者技術者倫理の最近の教科書には書いてあります。それを理由に会社はその社員に不当な扱いをしてはならないということまで書いてあります。実際にはそういうことはなかなか勇気のいることで、出来ないことかも知れませんけれども、実際には圧力を加えるたびに苦痛かも知れませんけれども、少なくとも最新の技術者人間といいましょうか、会社人間ですから対した方も勇気を持って、こういう技術ができたということはやれるという気持ちの方は、そういう仕事はやらないということを堂々と言う。抗議が命、このような不服従、屈しないこと、命令を拒否すること、これに対して会社は処分をしてはいけないということがこの教科書には書いてあります。(すみません。救急車の音で聞き取れませんでした)
このような賃金利潤が常識になればですね、世の中はもっともっと風通しが良くなると思います。個人の正義が貫かれると思います。良心というのは組織人ではありません。良識があるのは個人とだけです。個人と良識を発動させるのがこのような不服従が大事なんです。良心の声に従って,社員のみなさんは動いていただきたいと思います。こちらは辺野古の基地建設に反対するグループです。その目の前の社屋に入っている工事をしているグループです。目の前の大成建設は沖縄の辺野古の基地建設を請け負い、亡くなった翁長知事の意見そして沖縄県民の総意に反してこれを実行している。いまプランが出来上がって、いつでも土砂投入が行われようとしている。そしてこのジュゴンの海が埋め立てられようとしている。このような状況にあります。このような会社を目の前にして黙っていることは出来ません。基地工事は倫理に反すると思います。目の前にしたときに,声を挙げないことは倫理に反すると思います。どうでしょうかみなさん。私達は何年か前からこの大成建設に抗議する声を挙げております。大成建設はこちらに移転する前は平和台にありましたけども、そこでも声を挙げていました。こちらはそのときよりもずっと人通りが多いので、反響が多いかと思いますが、どうか大成建設の工事に注目していただきたい。これを必須ぶ?と考えていただきたいと思います。
Y2さん
近隣住民のみなさん、住吉で働く市民のみなさん、私達は今沖縄辺野古における埋立工事を請け負っているここ博多渡辺ビルデイング内の大成建設に対して抗議行動を行っています。大成建設は沖縄における米軍新基地建設を一手に引き受け沖縄の人々の反対の声を一切聞こうとせず、私達の本日の要請書の受け取りについても、一切受け取ろうとしません。玄関にガードマンを配置してガードマンが言う事は「開始前にアポイントを取ってから見せてくれ」このように私達の要請書を受け取りすら取り次ごうとしていません。「アポイントを取れというように会社から指示されているのか」という風に聞いてもそれについても応えない。「ガードマン独りの判断でいってるのか」と言っても何も応えない。私達はこの大成建設の行動に大きな怒りを覚えています。
今、沖縄では辺野古では米軍新基地建設が進められています。当初の計画ではこの817日に辺野古に土砂投入を行うという風に防衛省は県民に言ってました。しかしながら、翁長知事の辺野古埋立の「撤回」という沖縄の人々の総意を受けたその意志をそして、沖縄そして全国を貫いて,「辺野古大浦湾の海を埋め立てるな」という声と、沖縄におけるキャンプシュワブ前の行動、毎日の埋立阻止の座り込みに追い詰められて防衛省は817日にも埋立を強行しようとしていました。しかしながら、翁長氏がなくなり、そのことによって、沖縄知事選が930日に始まるというその中で防衛省は選挙における影響を考慮して埋立を現在行っていません。私達は930日の知事選以降再び大成建設をはじめとして,これを請け負う新基地建設の埋立を許さない、そういった行動を現在行っています。とりわけ埋立工事における大成建設は全国の埋立工事の受注における大きな位置を占め、埋立工事のそして土砂搬入を請け負うその中心的位置をなして、私達はこれに対する抗議を行っています。九州支店のみならず全国の大成建設の本社がある新宿や、名古屋など全国各地で大成建設に対する抗議行動・要請行動を行っています。私達は大成建設がここ住吉に移転してなおも頑なに私達の声、そして沖縄の「埋立やめろ」「埋立土砂の投入をやめろ」の声を一切聞こうともしない大成建設に対し断じて許すことは出来ません。
沖縄・辺野古における埋立工事がこの817日に開始すると通達を防衛省は行いました。しかしながら埋立の開始において活断層や活断層を含む地盤が当時の計画よりも杜撰で尚かつ重さに耐えられないそういった地盤であることが明らかになっています。もともと当時の計画だった大浦湾側の工事計画をやめ、辺野古先から開始するそうした計画変更自身も知事の承認を受けなければならないにも関わらず、防衛省はそれをやらずに工事を強行してきました。取り返しの効かない埋立を、後戻しが出来ない既成事実を作ることにきゅうきゅうとして、防衛省は沖縄の人々の民意を頑なに拒んできました。その中心的な埋立工事を行っているのが、大成建設です。
福岡市民のみなさん、この渡辺ビルの中にある大成建設に対して私達は大きな声を挙げています。大成建設は沖縄の人々の願い「大浦湾を埋め立てるな!一坪たりとも埋立るな!」と言う沖縄の人々の意志を一切聞こうともしていません。私達はこの大成建設の沖縄の人々の民意を聞こうとしない大成建設に対して、怒りの声を挙げています。みなさんあの沖縄の北部名護市周辺に位置した大浦湾の海を事前に見て下さい。辺野古の海には絶滅危惧種のヒメサンゴやオキナワハマサンゴ、ウミガメ、あるいはジュゴンといったそうした貴重な生物がいます。大成建設はそういった貴重な生物がいる海を埋め立てる悪辣な企業です。環境に配慮すると言いながら実は沖縄辺野古において、大浦湾を埋め立てようとする最もあくどい企業と言っていいと思います。沖縄が貴重なサンゴが絶滅しています。基地の特別な開放許可が出されていません。移植するにも期限が制限されています。そうした貴重な海域である大浦湾を埋め立てるその工事を請け負っているのが、ここ渡辺ビル内にある大成建設です。
この大成建設に抗議の声を挙げて下さい。私達の仲間がチラシを配っています。どうぞ私達のチラシを受け取って下さい。チラシを受け取ってどうぞこのビル内にある大成建設に抗議の声を挙げて下さい。電話を是非掛けて下さい。
Fさん
沖縄翁長前知事の意志を継ぎ、辺野古新基地建設に反対し、大成建設の撤退を要請しましよう!
8月8日、沖縄の翁長武志県知事が、膵癌で亡くなられた。膵癌は精神的な物が原因で発祥すると言われています。沖縄の民意を踏みにじりオスプレイを導入した日本政府、に対し沖縄の全市町村長県知事が「建白書」を日本政府に突き付けたときも、翁長さんはその先頭に立ち反対されました。そして、普天間基地の移設先として,辺野古に新基地を造ることに反対して県知事に立候補し、県民の先頭に立ち,その民意をもって日本政府に迫り闘い抜いてこられた。しかし、日本政府はその民意を踏みにじり警察権力と海上保安官の暴力でもって,辺野古新基地建設を強行してきました。そして国はついに817日に土砂投入を強行すると通告してきましたが、翁長知事は承認の「撤回」をもって、反対すると宣言していました。その矢先の翁長さんの死。翁長さんは日本政府によって殺されたのです。どこまでも痛めつける日本政府。これ程の悲しみがあるだろうか。こんなに酷い仕打ちがあるだろうか。この沖縄差別を許せるだろうか。決して許すことはできません。日本政府は何処まで沖縄を痛めつけようというのか。この翁長さんの死によって、日本政府が,安倍政権が大成建設等の企業が何をしてきたのか、どんなに差別してきたのか、明白になりました。日本政府・防衛局が,安倍政権そして大成建設等の企業がどんなにあくどい行いをしてきたのかが、浮き彫りになってきました。本土人民も含めて、この日本政府と企業の悪行を許すことは出来ません。
翁長さんは、死ぬ直前に何をやろうとされていたのか。
沖縄防衛局は、817日から土砂の投入をやろうと言っていましたが、727日、沖縄県知事翁長さんは、余りにも杜撰な工事とその手続きのため、承認を「撤回」することを表明しました。この「撤回」は、副知事に受け継がれています。
「埋立承認」の効力を失わせるには、承認前の審査に法的問題があった場合の「取り消し」と、承認後の事業者の違反などを理由とする「撤回」の2つの方法がありますが、翁長さんはこの2つ目の「撤回」をしようとしたのです。
翁長さんが撤回をしようとした理由は3点あります。
①希少なサンゴ類などの環境保全策が不充分なまま、政府は工事を強行している。
②一部海域に軟弱な地盤が存在し、建設予定の護岸が倒壊する危険性が新たに判明した。
③承認時の留意事項違反などが認められるにもかかわらず、承認の効力を存続させるのは、公益に適合しない。
3点です。
その中でも、今回県に「撤回」を決断させた最大の要因は、7月はじめに沖縄防衛局が県側に部分開示した地質調査報告書の内容です。
そして、知事が防衛局に出した埋立承認撤回のための「聴聞通知書」に書かれた「撤回」理由によると、遅澤壮一・渡邊康志・加藤祐三等の学者らは「埋立対象区域」の海底地形は活断層であるとはっきり認めているのです。しかもその活断層は2万年以降に繰り返し活動した極めて危険な活断層であると指摘しているのです。
7月の地質調査内容は、護岸を造成する沖合の海底の一部が「マヨネーズぐらい」の柔らかな土壌が、深さ40mにわたって重なっている。政府が届けている設計や工法では建設は不可能で,その変更と費用の高騰はさけられない。しかも、この軟弱地盤の報告書は2年前の3月に完成していたのに、政府は明らかにせず、県民や県の情報公開請求を受けてようやく一部開示したのです。しかも「他の調査結果を踏まえて総合的に強度を判断する」として、具体的な対策を打ち出さず、工法の変更許可も申請していません。この「他の調査」とは、活断層調査のことではないか。
活断層が走っていれば、建設は不可能です。ところが、この活断層については、認識がないと頑なに否定しています。しかし、今回の「聴聞通知書」には、はっきりと「極めて危険な活断層」と3人の学者が指摘しているのです。しかも大浦湾側の埋立域のど真ん中を斜めに辺野古活断層が走っているのです。どう考えても無理でしょう。活断層を相手にどんな工事があるというのでしょう。ずーと将来を見通したとき、明るい展望があるのでしょうか。大成建設は被害を拡大しないうちに、今すぐ撤退しましょう。
(3)シュプレヒコール
シュプレヒコール  シュプレヒコール
大成建設は,10月からの土砂投入をやめよ~
辺野古の海の土砂投入をやめよ~
ジュゴンの海を壊すな~
ウミガメの海を壊すな~
サンゴの海を壊すな~
世界の人々を虐殺する基地建設をやめよ~
大成建設は基地建設から撤退せよ~
大成建設は沖縄から手を引け~
大成建設は戦争政策に加担するな~
10月からの土砂投入をやめよ~
大成建設は沖縄の自然を壊すな~
大成建設は沖縄のジュゴンを守れ~
ウミガメを守れ~サンゴを守れ~
大成建設は自然破壊をやめろ~
人殺しのための基地建設を放棄せよ~
10月からの土砂投入をやめよ~
基地建設を放棄せよ~
沖縄から撤退せよ~

Stop! 沖縄新基地建設・福岡

2018年8月27日月曜日

五洋抗議:8月28日(火)17:30~@飯田橋駅東口

暑い中ですが、定例の抗議行動を飯田橋駅東口で17:30~行います。スタンディングとチラシまきです。よろしくご参集ください。

2018年8月18日土曜日

大成抗議:8月21日(火)17:30~@新宿センタービル本社前&西口地下スタンディング

8月の大成抗議は、8月21日(火)17:30~@新宿センタービル本社前です。リレートークをします。18:00過ぎから新宿駅西口地下スタンディングをしています。よろしくご参集ください。