ブログ開設にあたって


【ブログ開設にあたって】 活動の趣旨

 沖縄(本)島の名護市以北、山や森の多い自然豊かな一帯をヤンバル(山原)といいます。このヤンバルの東海岸に自然景観に恵まれた辺野古(へのこ)の海が広がっています。美しい辺野古の海は、沖縄県の環境保全指針で「自然環境の厳正な保護を図る区域」であるランク1とされていますが、それは沖縄島ではごくわずかになった自然海岸がみごとに残っているからです。

 ところがこの美(ちゅら、うつくしい)海、稀少な天然記念物・ジュゴンが餌(えさ)場とする豊かな海が今、埋め立ての危機に直面しています。日米両政府が辺野古沖海域とそれに隣接する大浦湾に巨大な米軍基地を建設しようとしているからです。新基地は軍港施設を合わせ持つ、オスプレイや戦闘機用の飛行場です。
 
 2013年末、仲井真(なかいま)沖縄県知事は県民の大多数の反対の声を押し切って、防衛省が申請した辺野古埋め立てを承認しました。しかし14年1月19日におこなわれた名護市長選で名護市民は「辺野古の海にも陸にも基地を造らせない」ことを公約として掲げた稲嶺進(いなみね・すすむ)前市長を再度当選させ、「辺野古新基地建設 NO!」の意思を鮮明に示しました。

 主権在民原理に立つ民主主義の国であれば、政府はこの名護市民の意思を尊重し基地建設計画を取りやめるはずです。ところが、安倍政権は市長選のわずか2日後、埋め立てを進める手続きを開始したのです。埋め立てをおこなうには諸工事が自然環境に及ぼす影響を調査しなければなりませんが、防衛省はその調査を請け負う民間企業を募集する入札の公告を強行しました。この政府の姿勢は名護市民をはじめとする沖縄県民の「新基地建設 NO!」の意思を正面から踏みにじるものであり、県民から激しい怒りが湧き起こっています。

 ところで防衛省が求める「調査」の結果が同省にとって都合のいいものになることは言うまでもありません。そこで私たちは調査を請け負う民間企業に防衛省に協力しないよう働きかけようと思います。このブログは防衛省の動きを監視し、調査を請け負う企業の特定に努めます。そして調査を請け負う企業が判明したら、それらの企業が防衛省による美しい辺野古の海の埋め立てに協力しないよう要請する活動を全国のみなさんに呼びかけようと思います。

 辺野古新基地建設を阻止する方法はいろいろ考えられると思いますが、私たちのこの活動はそれらの動きの一環として大事な役割を果たすと思います。
 このブログは事実を正確に伝えます。みなさんが情報を活用してくださることを心から期待します。        本ブログ編集部 2014年2月20日     

2019年7月14日日曜日

2019年6月24日月曜日

五洋抗議:6月25日17:30~@飯田橋東口本社最寄

定例の五洋建設抗議もあります。よろしくご参集ください。

大成株主総会抗議:6月26日(水)8:45~@新宿駅西口地下交番前集合

大成建設の株主総会は4回目になります。8:45に新宿駅西口地下交番前集合で、地下通路大成寄りに移動して、9:15~センタービル前に移動して抗議します。よろしくご参集ください。

大林組株主総会抗議:6月25日(火)9:00@品川駅港南口本社最寄

大林組の株主総会抗議は初めてになります。大林組の株主に、辺野古での工事を受注していることを知ってもらい、それが沖縄の民意に反していることを知ってもらえるよう抗議します。よろしくご参集ください。

大成抗議報告:6月18日@福岡九州支社前

2019.6.18大成建設要請行動報告
 今日は2人かなと思っていたが、4人だった。ありがとう。退院したばかりのKさんが来てくれて、発言までしてくれたのはうれしかったですね。Yさんは要請書は作ってくれたのですが、まだ足の骨折が治らず、夫さんに要請書を読んでもらいました。最後は、Tさんが作ってくれたシュプレヒコールで気合いを入れました。4人でも頑張れるもんですね。もう一つ嬉しかったのが、ビラを配っていると、「がんばってね!」と、中年の男性に大きな声をかけてもらったことです。どういう気持ちで言ってくれたのかな~と、しばらく余韻に浸っていました。
(1)要請書(Y2さん)
        要請書
辺野古米軍新基地建設工事の受注を撤回し,工事の即時中止を要請します
  私達は、沖縄県名護市・辺野古に米軍基地は作らせないことを2度の選挙で示し平和のために行動し続ける沖縄県民と連帯して福岡で行動する市民の集まりです。
  私達は、20146月に御社が国から受注した辺野古への米軍新基地建設工事の中止と撤退を求めます。

1、大成建設土砂投入の工事を中止せよ。
 63大雨警報が出るなど午前中に強い雨が降った名護市で市安和に面した海が赤く濁るのが確認されました。市民からは、琉球セメント桟橋近くに仮置きしている土砂からの赤土流出を懸念する声が上がっています。業者の仕様書には埋め立て土砂は「沖縄産の岩ズリ」とあるのに、埋め立ての現場では赤土が広がっています。赤土と岩ズリでは海の環境に与える影響がまったくちがいます。粒子が微細な粘土質の赤土が流出した場合、長時間漂って周辺海域に深刻な悪影響を与えるのです。一方粒子が大きめの岩ズリはすぐ沈んでしまうといいます。沖縄県には赤土防止条例があり、辺野古埋め立て用の土砂は岩ズリに限定されています。赤土を使用しているならば条例に違反しているうえに、岩ズリ以外を使用しているならば設計概要にも違反しているのです。なので工事を中止して、設計概要変更申請をしなければならないはずです。申請をしない限り工事を進めることができないはずです。大成建設は違法な工事をすぐやめてください。
 今埋め立てに投入している土砂が、赤土ではないのか答えてください。
2海兵隊がグムなどに移転るので、新基地は必要ありません
 日米両政府は2006年の米軍再編協議で沖縄海兵隊19000名のうち約半分の8000名と家族9000人のグアム移転を合意しました。沖縄に残るのは10000名に減ります。それならもはや辺野古基地を建設する必要性はなくなったのではありませんか。大成建設は、米軍も必要としていない辺野古新基地建設を、自社の売り上げ上げるためだけに、やっているのですか。
 もうこれ以上辺野古の海の貴重な自然を破壊しないでください。
日本政府はグアムでの海兵隊施設建設に3400億円の負担をグアム移転協定で合意し、すでに2000億円以上を支払っています、グアムの米軍基地施設内に建設される海兵隊施設は沖縄の海兵隊施設を代替えするものだそうです。何で米軍の移転費用を日本政府が出すのかも、納得できません。
その上、私たちの税金を、必要もない辺野古新基地建設に投入し、ただ大成建設などゼネコンを儲けさせているのです。大成建設は今すぐ希少なサンゴの海を破壊する工事をやめてください。
3戦争で肥え太ってきた大成建設の黒い歴史
 いまでは、日本全土に拡大する自衛隊と米軍の共同訓練と基地の共同使用が進められ、さらに自衛隊基地の強化拡大が行われています1954年の警察予備隊創設以来、自民党は当時から憲法9条の削除と米軍指揮下で戦争をする能力がある軍隊育てることを目指してきました。それが60年かけて今では当たり前のように米軍指揮下の日米共同訓練が行わるようになってしまいました。
 安倍政権は米国の武器を買い続け、イージスアショア、オスプレー、F35Bなど、事故が多くて危険で高額なため、世界のどの国も買いたがらない武器を買い続けています。安倍政治のこの流れをほっておけば、米国の覇権争いのための戦争に自衛隊が派遣されることになりかねません。
 戦争は私たちの生活も命も根こそぎ奪うもので、犠牲になるのはいつでも労働者、庶民です。戦争で儲かるのは大手ゼネコンです。国策に乗っかり、戦争や基地建設で肥え太ってきた大成建設は、その黒い歴史を反省し、辺野古新基地建設をやめてください。それとも、軍事基地だろうと何だろうと、会社の利益につながれば何でもやると居直るのが大成建設の姿勢なのですか?

4大成建設は沖縄の民意を受け止め
沖縄県知事の玉城デニーさんは、14日の定例記者会見で「2月の県民投票の結果を踏まえて工事を中止し、県との対話で解決方法を模索するべきだ。民主主義を脅かす行為で許されない」と、工事を続ける政府を批判しました。2月の県民投票では埋め立て反対が7割を超えました。県は7月にも県による埋め立て証人撤回処分を取り消した国土交通相の裁決を不服として。裁決の取り消しを求める方針です。
また、米軍施設を新たに飛行禁止対象に加えた改正ドローン規制法が13日に施行されたことに対し、玉城知事は、「辺野古の新基地建設には国民の関心が高く、ドローンによる取材で多くの事実が伝えられている。これからも国民の
知る権利を損なうことがあってはいけない」と述べ辺野古の米軍キャンプシュワ部周辺が指定されることを懸念しました。
大成建設はドローンで工事の実態を上から見られたら、違法行為がばれてしまうと恐れているのですね。大成建設は沖縄の民意を受け止め、人民の目から隠れてやるような違法な工事を中止してください。

(2)個人の意見
Y2さん
 通行中の福岡市民のみなさま、私達は沖縄県北部にある辺野古で、埋立が行われているその埋立を担っている大成建設に対して、抗議の要請文を届けに来ています。私達は沖縄にある沖縄に新たな米軍新基地建設に反対して街頭情宣とチラシを配っています。今沖縄で進められている辺野古における新基地建設に私達は反対しています。沖縄の人々は2月県民投票で、反対の意志を示しました。
Fさん
大成建設に私個人の意見をいいます。道を通る人も皆さんも聞いて欲しいと思います。今辺野古基地がどういう状況にあるのか。沖縄がどういう状況にあるのか、沖縄の民意が全く通らない憲法も民主主義もない状況にあること、そして、この目の前のビルにある大成建設がその辺野古新基地建設をおしすすめているのです。沖縄の人々はもうすでに凄まじい基地の中に住んでいる位に基地が有ります。行けども行けども基地が有る感じです。そこにまた新しい新基地を造ろうとしている。この基地を押しつけないでくださいという、至極当然の訴えをしているのです。みなさんも沖縄に関心を持ち、反対の意志を示して下さい。そして今私達が配っているビラを受け取り読んでください。では私の抗議の声を聞いて欲しいと思います。
(1) 岩屋毅防衛大臣は11日の記者会見で、K8護岸の陸揚げについて「準備ができたので,本日から陸揚げを開始する」と発表しました。
 防衛局は,611日にK8護岸の先端部からでなくK9護岸は先端部から陸揚げしてますが、中央部から海上輸送した土砂を陸揚げしています。K9護岸とK8護岸の2箇所からの陸揚げとなり、工事の加速化を狙うものです。
 K8護岸はただの護岸として設計されたものです。ところが当初の設計と異なる中央部に土砂を接岸できる陸上げできる構造に変えているのです。この変更する場合は県に申請する必要があるんですが、そういう申請もせずに勝手に変更しています。
 これに対して、玉城知事は「当初の計画にない勝手に追加し、環境への影響を顧みない暴挙以外の何ものでもなく、許されない」「法令遵守の意識を欠いている」と、本当に防衛局のやり方に対して工事の違法性を強調し、工事の中止を求めています。
防衛局はこれまでK9護岸から土砂を陸揚げし、県は目的外使用として埋立承認撤回の理由の一つにしていましたが、K8護岸から、また再び目的外使用として陸揚げを始めました。県はその違法性を主張しています。しかも無許可の設計変更であり、県の承認を得ずに工事を強行しております。
 そして、知事は国土交通省が県の埋立承認撤回の取消を裁決したけども、県の方は総務省の第三者機関である「国地方係争処理委員会」に審査を申し出ているわけです。まだ国土交通省の「裁決」が出ていません。裁決が出ていない中で国は工事を強行している。とても許すことは出来ないと言っています。
 実はですね、この係争委員会の裁決は昨日降りました。「これは審査の対象には当たらない」ということで却下されました。これに対して県は、「審査もせずに却下する。この係争委員会は役割を果たしてない」と抗議しています。そして県は、高裁に提訴する予定にしています。
そして、K8護岸は付近にサンゴが棲息していますが、県が移植を許可していないために、防衛局はK8護岸は250mを予定していましたが、それより50m短い200mまでで工事を止めています。その先端から陸上げすることができないので、中央部からいま陸上げをはじめたわけです。
これに対して上原国定土木建築部長は、「サンゴを移植せず護岸を途中で陸上げするということは海流が変化し、濁度が上昇するため,サンゴへの影響を及ぼす可能性がある。台風の時には護岸で波が反射しサンゴが損傷する可能性もあると非常にサンゴへの影響を危惧しています。今、サンゴ群まで50mの距離があるんですけど陸揚げする台船がですね、サンゴ群の横を通りすぎるときにですね、船が海底を巻き上げるわけですから、サンゴに影響を与えます。で、防衛局はどういうことをしてるかというと、土砂運搬船が海底を巻き上げないように、ずに、ワイヤーロープで引っ張るなどしています。如何にも環境を守ろうと一応してるんですね。しかし、この工事を強行していくならば、必ずですねサンゴに被害があり、サンゴを守ることは不可能だと思っています。きっとこの工事はですね行き詰まると思うんですね。環境は完全に破壊されていくでしょう。環境を守りながら工事をするなんて不可能です。岩屋防衛大臣はこの陸上げについて具体的に設定されていない。どこから陸揚げするか設定されていなかったとうそぶいています。しかし、実は最初の設計の中にはちゃんと陸上げ場所は明記されていたわけです。このようにいつもながら岩屋防衛大臣は嘘ついているわけです。
大成建設は、県知事の承認も取らずに工事を強行する。大成建設は、今すぐ辺野古から、沖縄から撤退して下さい。
(2)ドローン規制法の改悪について述べて行きたいと思います。
ドローン改悪法は、オリンピックのテロ対策を口実にして出されていした。実はねこれはね辺野古対策なのです。ドローンが護岸から泥水が流出しているところを写真に撮ったり、ヒメサンゴを保護する目的で設置された汚濁防止膜が全く機能をしてない。汚濁防止膜は海底まで届いてないんですね。そんなんでこの泥水を遮断することは出来ない訳なんです。だから泥水はどんどん海に流れ出ています。ということをドローンで綺麗に証拠写真を撮っています。それから高江のヘリパッドについてもドローンがオスプレイの高熱噴射により芝生が焦げて、周辺の木々も枯れ始めている実態を暴いたり、宮古島では説明会になかった弾薬庫がこっそり作られていたり、伊江島では強襲揚陸艦の看板に見立てた着陸帯(LHDデッキ)などが作られているのを暴いたり、いくら国がきれい事を言っても、ドローンが実態を暴く。これ以上知られたくないために、ドローン規制法を更に改悪したのです。許せません。「報道の自由」や「国民の知る権利」が奪われてしまうのです。特に辺野古新基地建設の違法ずさんな工事の実態の監視ができなくなります。軍事化に進む基地建設を暴き出すことは,住民にとって重要な権利です。それを覆い隠そうとするこの改悪攻撃を許してはなりません。「報道の自由」や「国民の知る権利」を奪うことは、「戦争への道」です。「戦争への道」を推し進める安倍政権と「戦争への道」で金儲けをする大成建設は今すぐ工事を止め撤退して下さい。
(3)安和桟橋に違法に堆積された赤土問題
 昨年11月から,防衛局の受注業者が安和桟橋に辺野古埋め立て用に赤土を運び込み,敷地内に積み上げ始めました。しかし、沖縄県の赤土等流出防止条例では、1000m3以上の土地の区画形質の変更(土砂の堆積も含む)については、事前に知事に届け出をするよう定められています。届け出をしないままこういう行為を行った場合は,罰金刑までもうけられているのです。だから沖縄の人々は、農地から出た赤土を,水を張って沈殿させたり、手間を掛けて、条例を守っています。それは海のサンゴを守る為なのです。防衛局の安和桟橋の赤土の土砂堆積は明らかに赤土等流出防止条例違反です。市民らの訴えもあり、県はただちに中止を指示し、土砂はブルーシートが掛けられ,雨天時等の流出防止対策がとられました。県は業者に対して,赤土等流出防止条例の手続きを行うよう指示しましたが,業者は「これは土砂でなくて岩石であり届け出の必要はない」と応じませんでした。
 しかし、5月になって突然、業者が条例に基づく届け出を行い、県はこの届け出に対して「特に意見なし」と回答し,赤土の堆積は問題ないこととなり、いつでも辺野古に搬送できるようになったのです。つまり県が国の圧力に屈したことになったのです。沖縄の環境を破壊してでも、何が何でも辺野古新基地を造らんとする防衛局の違反行為を許すことはできません。環境破壊により,沖縄の海の生物を殺し、また人殺しをする防衛局の違反行為を許すことはできません。人殺しをするための侵略戦争をするために基地建設をしようとする安倍政権と大成建設等の企業を許すことはできません。
(4)防衛局は県の注意を無視し、本部港に違法なフェンスを設置したことについて、述べていきたいと思います。 
 本部港で,防衛局は抗議する市民を排除するため、100名以上の警備員と数十名の防衛局員を動員し、本部港の荷捌き地使用許可もとらずに約70mにわたって柵やフェンスを設置しました。そのため市民は現場に近づけず、離れたところから抗議せざるを得ませんでした。このような柵やフェンスの設置は県条例に基づき、本部町から荷捌き地使用許可を得なければなりません。しかし、今回は本部町の許可は出されていません。違法行為なのです。
本部町の岸壁使用許可や荷捌き地使用許可は、県条例により本部町に移譲されているのです。ところが、沖縄県が柵の設置を「容認」したことが判明したのです。
本部町がやるべきところを本部町に許可を得ずに、県の方に申請して県は許可をしたと言う事ですね。
どうしてこういう事態になったのかというと、県の北部土木事務所に業者から「安全対策のためフェンスと看板を設置したい」という相談があったのです。県の事務所は「そんなことは本部町に相談するように」と指導しましたが、何度も何度も要請が続いたのです。防衛局や沖縄総合事務所からも再三話しがあったようです。そのため安全対策であればやむを得ないとして、、必要最小限の範囲にということで認めたということでしたが、業者は、県が認めた以上に勝手にやってしまったもので、県も自分達が認めた以上のことをやってるので納得できないと怒っているわけですね。国は弱いと見たら何度も何度も圧力を掛けて屈服させようとするのです。法も何も侵して,出鱈目なやり方を押し通してくる。この国のやり方を許すことはできません。大成建設はこの違法な工事を繰り返す辺野古新基地建設をやめて撤退して下さい。
(5)特定外来生物の高熱処理実験
 辺野古の埋立に使われるのは岩ズリです。県外からの岩ズリはアルゼンチンアリやセアカゴケグモ等の特定外来生物が混入することが危惧されています。沖縄県には土砂条例が制定されており、知事が特定外来生物の駆除策等を指示し、駆除が出来ない場合は,持ち込み中止を勧告することができます。その駆除策はダンプに石材を積んだ状態で、120秒以上洗浄しなければなりません。ところが岩ズリの場合は、洗浄すればほとんどが流されてしまうのです。そこで防衛局が打ち出したのが、高熱処理等の実験です。高熱処理、燻蒸処理、海水処理で特定外来生物の死滅状態を確認するための実験を始めたのです。結果は、高熱処理で、植物、動物とも「全て死滅させるためには、200℃で20分、300℃で1分の処理が必要で「有効性が高い」というのです。しかし、実際は1640m3もの膨大な岩ズリを加熱するためには、途方もなく巨大なプラントが必要となるのです。大規模な施設を設け時間を掛けて高熱処理をすることは不可能であることは明らかです。どこにでも外来生物は見つかるし、駆除策はない。沖縄への搬入を中止する以外に方法はないのです。大成建設よ、今この辺野古新基地建設は、八方塞がりです。今すぐ沖縄から撤退して下さい。
(6)石井国交大臣の埋立承認撤回の取消の根拠こそ軟弱
45日、沖縄県による埋立承認撤回処分が、石井啓一国土交通大臣によって取り消されました。防衛省が求めた行政不服審査を認めたからです。防衛省側の訴えを全て認めた裁決です。314日に鑑定書が書かれ、3月22日に国交省の審理員意見書が出され、殆ど検討もされずに、ほぼ意見書通りの裁決がなされたのです。日下部東工大名誉教授の鑑定書の概略検討は確かに意見書の見解をそのまま適切としたものですが、日下部教授は「概略検討の段階では認められるとしても、今の調査内容のままでは詳細検討に入ることは出来ない。追加の地盤調査の土質試験を実施しなければならない」「より精緻な解析を実施するのが有益と考えられる」と述べ、詳細な地盤調査の追加が必要だと日下部東工大名誉教授は言っているのです。ところが、国交省の裁決書には追加調査の必要性には全くふれていませんでした。日大理工学部の鎌尾彰二准教授も、この鑑定書を受けてない裁決書をとても残念がっています。
果たして工事完成が可能であるかという根拠となる一番大事な部分を隠蔽して裁決したということは、政府自体がこの工事の完成の可能性に不安を抱いていることを示しており、唯一政府が採用した専門家の意見すら受け止めきらずに、隠蔽し、この軟弱地盤に向き合うことすらできないでいると言うことを示しているのです。石井国交大臣の取消の根拠こそ軟弱であるのです。
 県は、「決済」取消を求める抗告訴訟も起こす予定です。
 大成建設よ、軟弱地盤の地盤改良は難しい。しかも大浦湾で地盤改良すれば、大浦湾は死の海になるでしょう。大成建設よ、自然を破壊する前に、今すぐ撤退して下さい。
●Kさん
久し振りに来ました。入院してたので来られませんでした。なぜこの辺野古の埋め立て建設について、いろいろ聞いていましたが、いろんな問題点が続出しています。先ず1番に、この埋め立て地の建設工事が始まってから地下に軟弱地盤があるとかその強度はマヨネーズ並みだとか深さもどんどん深くなっていきました。明らかに大成建設はその事を知って隠していました。大成建設はあの毎年開かれている黒四ダムの工事で大勢の犠牲者を出しています。この手の地質調査に関しては政府よりむしろ見識を持っています。だから最初から知らないわけがありません。知っていながら隠していて、工事が始まってから出して来たとそういうことです。だとすればこの強化工事の杭打ち作業。これもまたいい加減な物であることが、想像つきます。そんなことができないから最初から杭が短いとかなんとか言ってます。こうなってくるとこの辺野古新基地出来上がっても、米軍が移るでしょうか。大いに疑問です。いざ米軍はいつでも臨制体制とかいって出撃体制を整えていますから、こんないざ使おうとしてその時に欠陥空港で出撃出来ないということになれば、責任を取らされるのは現場の指揮官です。だからおそらく辺野古新基地が出来てからでもあくまで予備の予算を取っとくとかなんとかいって、押さえはするでしょうが、ちょっと考えられません。そうすると日本政府はこの辺野古新基地と代え難い普天間基地と二重の負担を強いられることになります。儲かるのはアメリカとこの大成建設です。私達の税金で私達の福祉を削り生活を削り、挙げ句の果てに年金生活は2000万円不足だなどと言って更に搾取を続ける国とそれに飛びついて金を儲けている一部の資本家だけが儲けるというこういったとんでもない国に日本はなり果てました。こうなってくると米軍がちょっと可哀想に見えてきます。悪役を押しつけられて日本の搾取のためのその為の名目に使われる米軍もまた被害者のように見えてくるから大変困った物です。言わばこの辺野古基地、沖縄の現地の人間の意志を無視して建設が進んでいます。
この福岡にもかって米軍基地がありました。今、福岡空港と呼ばれている板付基地、あそこには米軍が朝鮮戦争の時の前戦基地がありました。当時は私達のゆかりの場所である大濠公園にも米軍の宿舎があり、博多港から米軍が物資を運んでいました。もしこの辺野古基地建設を許し、そしてそれに関わる国、企業こうしたものに抗議をしなければいずれまた、私達のこの福岡市もまた、国際貢献とか何とかいうきれい事の前に再び軍事基地化の道を進むかもしれません。どういうわけだか世界中のいや歴史始まって以来お偉方というのは裕福と思って敬礼する連中が大変好きです。そしてそれに賛同する金持ちも好きです。こういった連中がのさばるときこそ国の危機ではないでしょうか。
ここしばらくの間、香港では中国政府並びにそれの体制になりつつある香港行政府のやることに反対をして大勢の市民が反対行動に立ち上がりました。彼らは自らの身辺にまで危機が迫ったのでまあ立ち上がった所為(せい)もありますが、大したものです。まだこの日本そこまで切羽詰まっていませんが、そうなってからでは遅いのではありませんか。そうなる前に先ず手近な所から反対の声を挙げましょう。この沖縄の問題、いずれは私達の周辺にも降りかかってくるかもしれません。今この福岡でも観光せいそうのために巨大な港の拡張工事が進んでいます。この拡張工事の目的は軍艦の為に港の拡張するとかそういうことにならないためにも、そして、それにより一番被害を受けるのは私達一般の民衆です。みなさん辺野古の埋立に反対しましょう。一度壊れた自然は元に戻るまでにとんでもない時間がかかります。この今辺野古の埋立、いろいろアイデアを出していますが、結局どれもうまく行ってません。うまく行かないことのために金を使い、その穴埋めにまた金を使う。その金は私達の税金であり現金であり、錐のようにまた私達に刺さるという、政府とそれに付き従う資本家達。彼らに対し怒りの声を挙げましょう。何より私達の将来のために声を挙げましょう。