ブログ開設にあたって


【ブログ開設にあたって】 活動の趣旨

 沖縄(本)島の名護市以北、山や森の多い自然豊かな一帯をヤンバル(山原)といいます。このヤンバルの東海岸に自然景観に恵まれた辺野古(へのこ)の海が広がっています。美しい辺野古の海は、沖縄県の環境保全指針で「自然環境の厳正な保護を図る区域」であるランク1とされていますが、それは沖縄島ではごくわずかになった自然海岸がみごとに残っているからです。

 ところがこの美(ちゅら、うつくしい)海、稀少な天然記念物・ジュゴンが餌(えさ)場とする豊かな海が今、埋め立ての危機に直面しています。日米両政府が辺野古沖海域とそれに隣接する大浦湾に巨大な米軍基地を建設しようとしているからです。新基地は軍港施設を合わせ持つ、オスプレイや戦闘機用の飛行場です。
 
 2013年末、仲井真(なかいま)沖縄県知事は県民の大多数の反対の声を押し切って、防衛省が申請した辺野古埋め立てを承認しました。しかし14年1月19日におこなわれた名護市長選で名護市民は「辺野古の海にも陸にも基地を造らせない」ことを公約として掲げた稲嶺進(いなみね・すすむ)前市長を再度当選させ、「辺野古新基地建設 NO!」の意思を鮮明に示しました。

 主権在民原理に立つ民主主義の国であれば、政府はこの名護市民の意思を尊重し基地建設計画を取りやめるはずです。ところが、安倍政権は市長選のわずか2日後、埋め立てを進める手続きを開始したのです。埋め立てをおこなうには諸工事が自然環境に及ぼす影響を調査しなければなりませんが、防衛省はその調査を請け負う民間企業を募集する入札の公告を強行しました。この政府の姿勢は名護市民をはじめとする沖縄県民の「新基地建設 NO!」の意思を正面から踏みにじるものであり、県民から激しい怒りが湧き起こっています。

 ところで防衛省が求める「調査」の結果が同省にとって都合のいいものになることは言うまでもありません。そこで私たちは調査を請け負う民間企業に防衛省に協力しないよう働きかけようと思います。このブログは防衛省の動きを監視し、調査を請け負う企業の特定に努めます。そして調査を請け負う企業が判明したら、それらの企業が防衛省による美しい辺野古の海の埋め立てに協力しないよう要請する活動を全国のみなさんに呼びかけようと思います。

 辺野古新基地建設を阻止する方法はいろいろ考えられると思いますが、私たちのこの活動はそれらの動きの一環として大事な役割を果たすと思います。
 このブログは事実を正確に伝えます。みなさんが情報を活用してくださることを心から期待します。        本ブログ編集部 2014年2月20日     

2018年7月1日日曜日

大成抗議:6月26日(火)報告@福岡九州支店

2018.6.26大成建設要請行動の報告
 参加人数は、6人。久し振りにOさんが来てくれた。 遠くから時々来てくれる。 いつも気に掛けてくれているのがうれしい。Tさんも具合が悪いの に参加してくれた。申し訳ない。T2さんもドライバーを買って出 てくれて
とても助かっている。Sさんは怪我した足を引きずっての参加だ。 みんなの思いが結集して行動が成り立っているのです。
(1)要請書による訴え(Yさん)
要請書
辺野古米軍新基地建設工事の受注を撤回し、
工事の即時中止を要請します

 私達は、沖縄県名護市・ 辺野古に米軍基地は作らせないことを選挙で示し、 平和のために行動し続ける沖縄県民と連帯して福岡で行動する市民 の集まりです。
私達は2014年6月に御社が国から受注した辺野古への米軍新基 地建設工事の中止と撤退を求めます。

大成建設は8/17からの辺野古埋立「土砂投入」 を中止してください

 米軍普天間基地の沖縄県名護市の辺野古新基地建設工事で、 沖縄防衛局は、 早ければ8月17日に埋め立て予定地に土砂を投入することを、 今月12日、沖縄県に通知しました。
 これに対し、辺野古への移設阻止を掲げる翁長知事は、 前知事が行った埋め立て承認の「撤回」 を行う方針を示しています。 埋め立て予定地に土砂が投入されると、 貴重な辺野古の海の自然が破壊されるので、県の関係部局でも、 土砂が投入される8月17日以前に「撤回」 を行う案が検討されています。
 沖縄県も米軍の基地建設のために貴重な宝の辺野古の海をつぶす土 砂投入に反対しているのです。
 沖縄県の民意は辺野古の海の埋め立てに反対しています。
 大成建設は民意を真摯に受け止めて、817日からの土砂投入を 中止してください。

 辺野古新基地は設置基準である高さ制限も無視しています
 大成建設は危険で違法な滑走路建設をやめてください
 
 米国防総省の飛行場設置基準では、滑走路の周囲2286mの範囲 の高さ制限が標高54.5mであることが判明しました。
辺野古周辺では、沖縄高専、辺野古弾薬庫、久辺中学校・ 久辺小学校、久辺郵便局、集落等がこの高さ制限を超えています。
 沖縄高専の学生寮に居住する552人もの学生、久辺小・中学校の 234人の児童生徒等の安全・命にもかかわる深刻な問題です。  高さ制限に違反した辺野古新基地建設を、 住民の安全を犠牲にしてまでも、大成建設は強行するのですか?
 大成建設は今すぐ工事を中止してください。

大成建設は絶滅危惧種のサンゴを殺す土砂投入をやめなさい

この辺野古の海は絶滅危惧種のヒメサンゴやオキナワハマサンゴ、 ウミガメ、ジュゴン、 そしてこれら動物を育んできたいろんな種類の植物が棲息している 貴重な海域です。 大成建設はそこを埋め立てようとしているのです。 許すことは出来ません。
 サンゴの移植は知事の特別採捕許可も出されていません。
防衛局も「産卵期や高水温期となる5月以降10月頃までの移植は できるだけ避けることが適切」としてきたはずです。
 少なくとも11月まではサンゴ類の移植はできないことになってい たはずです。
それなのに大成建設がサンゴの生息に甚大な被害を与える817 日に土砂を投入してサンゴ類を死滅させることは絶対許されません 。
 自然環境を守るという大成建設の社是はまやかしであり、 利益のためならば宝の海辺野古の海も埋め立てて、 絶滅危惧種のサンゴが死んでも、 ウミガメの産卵ができなくなっても、 ジュゴンが生息できなくなってもかまわないという、 環境破壊企業こそが大成建設の姿ですか?
 大成建設は817日から辺野古の海に土砂を投入し埋め立てて、 取り返しのつかない環境破壊をする前に、 今すぐ辺野古新基地建設工事から手を引いてください。
(2)個人の訴え
Fさん
安倍政権は613日の全国版の新聞で、817日の辺野古埋立 「土砂投入」方針を大きく打ち出しました。
しかし、護岸の高さは完成予定より4.4mも低く、 まだ完成していないにもかかわらず、何故あわてて「土砂投入」 を始めようとしているのか。
それはすべて、安倍政治から来るもので、11月沖縄県知事選のひ っくり返しに照準を定めているのです。沖縄の反対闘争を分断し「 闘いの諦め」をつくりだし、「闘いの解体」 を目論んでいるのです。 政府は如何にも順調に工事を進展させているように県民に見せかけ 、諦めを狙ってきましたが、その実、 政府の計画はデットロックに乗り上げ二進も三進も行かず、 完成をしないことは火を見るより明らかなのです。
そもそも辺野古新基地建設の工事の企画書は大浦湾から始めるとな っていたのです。 しかし4年にも渡って行われた海底ボーリング調査が出した結論は 、 琉球石灰岩層で形成された地盤は極めて脆く豆腐のような超軟弱地 盤と言われ、更に活断層まで発見されていたのです。 政府の公開文書はこの部分は黒塗りで表示されているのです。
政府は2014年当初、 形ばかりのいい加減な海底ボーリング調査を早く終わらせ、 大浦湾側からの「海上ヤード」 造成工事に取りかかると豪語していました。そして「 ケーソン護岸工事」に取りかかる計画を打ち出していました。 ところが海底に異常が見つかりポセイドンを投入した海底地盤調査 が始まり、4年もの年月をかけて調査が続けられましたが、結局、 政府にとって良い報告はなされず、大浦湾側からの工事を諦め、2 017年野秋に「海上ヤード」造成計画の「取止め」 が報道されましたが、しかし、20173月末にすでに「 海上ヤード」造成工事の業者との契約を解除していたのです。 そして、そのことを取り繕う政府は、20174月にK9護岸着 工を華々しいセレモニーで強行し、 県民を諦めさせようとしました。そのK9護岸工事も途中で頓挫し てしまったのです。
そして、大浦湾の「ケーソン護岸工事」を諦め、 辺野古側の工事に着手したのです。しかも、 工事の大きな変更は県知事の許可申請が必要にも関わらず、 無許可で辺野古の護岸工事を強行しているのです。無茶苦茶です。
しかし、いかに県民を騙そうが、法律的手続きを誤魔化そうが、 この辺野古新基地建設が完成しないことははっきりしているし、 完成出来ないことは安倍政権が一番心得ていることなのです。 にもかかわらず辺野古の工事を続行し強行し、 辺野古の自然を破壊し、 何が何でも戦争政策の一環として辺野古新基地建設を強行しようと するこの暴挙を許すことは出来ません。 その安倍政権に乗っかり自然破壊と戦争政策遂行のための基地建設 に加担する大成建設は許せません。
大成建設は、今すぐ辺野古から撤退して下さい。 完成するはずもない工事をただいたずらに続ける自然破壊を許すこ とはできません。 戦争政策遂行のための基地建設に私達の税金を注ぎ込み工事を続け ることは許せることではありません。 今すぐ大成建設は辺野古から撤退して下さい。 沖縄から撤退して下さい。
328日、沖縄県名護市の市議会の定例会で、 沖縄防衛局に対する意見書が賛成多数で可決されました。
意見書は、「辺野古新基地建設に伴う地質調査のデータの全面公開、 活断層の有無、環境アセスメントの追加を求める」 というものです。
その中身は、沖縄防衛局が実施した2014年から2015年の地 質調査の報告には、地盤の強度を示すN値「ゼロ」 を示す地点が続出し、 地質調査が成立しないほど軟弱地盤であることが明らかになり、 さらに活断層の可能性があると指摘していることが資料請求で明ら かになりました。
当初の設計は、海底に基礎捨て石を敷き、 その上に巨大なケーソン(長さ52m、幅22m、高さ24m、 重量7200tの巨大コンクリート製の箱) を並べて設置する工法となっていて、 軟弱地盤を想定していないことが伺えます。
防衛局が、地質調査の報告書に「構造物の安定、地盤の圧密沈下、 液状化の詳細の検討を行うことが必須」と結論づけているように、 今後、工法や地盤改良の変更が必要になることが明らかです。 防衛局は地質調査結果を隠蔽しようとしたのではないか。 防衛局は調査内容を全面公開し、県民の理解を得ることを求める。 と意見書は要求しています。
さらに意見書は、防衛局は環境アセスメントで、「 サンゴやジュゴンには影響が少ない」と結論づけ、 埋立工事を進めていますが、
アメリカジュゴン訴訟で、 サンフランシスコ高裁が原告の適格を認め、国防総省に対して、 沖縄のジュゴンの「保全策」について原告と協議するよう、 地裁に差し戻したことを例にあげ、そして、 海洋専門家のフランソワ・シマール氏が大浦湾を訪れ、「 これ程多彩な生態系が維持されている場所は珍しい。 保全されることを願う」と言ってることを補足しています。
そして、意見書は、 現在行われている辺野古新基地計画に伴う工事を一時中断し、 新基地建設の必要性と生物多様な辺野古・ 大浦湾に及ぼす環境の影響を取り除くために徹底的に調査を行うこ とを要請する。と述べています。また、 意見書は沖縄県に独自の調査も求めています。
名護市長は代わったけれども、 これが市民の本当の声ではないでしょうか。
510日、「新基地建設問題を考える辺野古有志の会」と「 テイダの会」が沖縄防衛局に「 世界で一族一種の貝サンゴウラウズを守るために護岸工事及び埋立 を即時中止することを求める申し入れ」を行いました。
その中身は、以下のように述べています。
大浦湾は多様な生態系が狭い水域に形成されています。絶滅危惧種 262種を含む5800種以上の生物や天然記念物のジュゴンが確 認されています。辺野古の海には、ジュゴンが食む藻場が70ヘク タールに広がっています。 現在この藻場を埋め立てる護岸工事が強行されています。 このままではジュゴンが食む藻場が絶滅します。 国の天然記念物ジュゴンを守るために護岸工事及び埋立を即時中止 することを求めます。
一方、大浦湾には貝だけでも1000種が確認されています。 調査を進めれば更に3000種にのぼる貝が棲息するものと報告し ています。過去にサザエの仲間、世界で一族一種の貝、 サンゴウラウズが確認されました。 発見された地域は辺野古崎とされています。 このような生態系は世界に誇るべきかけがえのない素晴らしい海で す。サンゴウラウズの棲息地とされる辺野古崎を含む大浦湾・ 辺野古の海の護岸工事及び埋立工事を即時中止することを求めます 。と申し入書は言っています。
このように沖縄県民は屈することはありません。 あらゆる闘いを展開しているのです。
沖縄戦から73年になろうとしていますが、 この間どれだけの県民が、 基地あるが故の犠牲になってきたことか。
 シュワブゲート前では、坐り込む市民を機動隊が強制排除し、 歩道の檻に閉じ込める等々。 機動隊という国家の暴力装置に頼らなければ進められない工事なの です。明治の「琉球処分」以降、 日本政府が沖縄に振るってきた暴力と差別が、 今も変わることなく辺野古で日々行われているのです。
 大成建設は、 人殺しのための基地建設の工事を強行しているというだけでなく、 反対する沖縄住民に対し、 機動隊や海上保安官の暴力と弾圧に助けられて工事を強行している のです。とても許せるものではありません。大成建設は、 今すぐ工事を中止し、辺野古から撤退してください。
Yさん
大成建設が行っている辺野古新基地建設は、 日本が戦争の準備をおこなっていることであり、 今の時代はすでに戦前といわれる時代であるこは皆さんも気づてい るのではないでしょうか。 萩の自衛隊基地にイージスアショアが配備されたり、 岩国米運基地に厚木基地の艦載機が移転されたりしています。 イージスアショアはミサイル防御の兵器だとうたわれていますが、 ミサイルでミサイルを打ち落とせる確率は低く、 そんな役に立たない物のためにボーイング社から2000億円もの 税金で買うというのはなぜでしょうか。 それはミサイルを狙うミサイルではなくて、 むしろ米国の戦争の相手の国の基地に向かって発射する攻撃に使え るからです。 戦争をしないはずの日本が高性能の攻撃ミサイルを配備するわけで すが、 言葉のレトリックとして防衛のために装備だと言いくるめているだ けです。
岩国基地が厚木艦載機移転のあと、 今まで以上の激しい騒音にさらされています。 住民の抗議や民意を無視して、 米軍のやりたい放題な訓練を強行しているのです。 自衛隊は米軍の指揮下で米軍と一緒に戦争をする国になろうとして います。 そういう戦争の準備を止めたいと考えてたくさんの人々が辺野古の 新基地建設を止めようとしているのです。

Stop! 沖縄新基地建設・福岡
担当 F.T. 
Facebookページ→ 「Stop! 沖縄新基地建設・福岡」

2018年6月16日土曜日

大成抗議:6月19日(火)17:30~@新宿センタービル本社前&新宿西口地下スタンディング

埋立てが8月中ごろにも始められようとしています。埋めるな!の声をあげましょう。いつも通り第3火曜日6月19日17:30~@新宿センタービル本社前&新宿西口地下スタンディングを行います。リレートークをします。ぜひご参集お願いします。

2018年6月11日月曜日

大成株主総会:6月28日(木)午前9時~@新宿センタービル(大成本社前)

6月28日9:00~10:00
大成建設株主総会アピール行動(埋めるな!連統一行動)
株主総会は10:00~
新宿センタービル(大成建設本社前)
午前8時から新宿西口地下でスタンディング西口地下交番前集合

辺野古の埋立て工事の多くを請け負っている大成建設の株主に、埋めるな!の声を届けましょう。午前8時から新宿西口地下でスタンディング、9時にセンタービルの大成本社前に移動して抗議します

五洋株主総会抗議:6月26日(火)午前9時~@五洋本社前

6月26日9:00~
五洋建設株主総会アピール行動
株主総会は10:00~
五洋本社前(飯田橋東口徒歩3分)

本社前で株主にチラシを撒きながら、辺野古への工事の撤退を訴えます。8月にも土砂投入が行われようとしています。埋めるな!の声を届けましょう。

2018年6月3日日曜日

戸田抗議:6月5日(火)17:30~@京橋戸田本社ビル

17:30~現在、K-4護岸を工事している戸田建設に抗議します。よろしくご参集ください

新しいチラシが出来ました

土砂埋め立ての受注企業を入れた新しいチラシが出来ました。見本を見たい方、たくさんほしい方、ご連絡ください。