ブログ開設にあたって


【ブログ開設にあたって】 活動の趣旨

 沖縄(本)島の名護市以北、山や森の多い自然豊かな一帯をヤンバル(山原)といいます。このヤンバルの東海岸に自然景観に恵まれた辺野古(へのこ)の海が広がっています。美しい辺野古の海は、沖縄県の環境保全指針で「自然環境の厳正な保護を図る区域」であるランク1とされていますが、それは沖縄島ではごくわずかになった自然海岸がみごとに残っているからです。

 ところがこの美(ちゅら、うつくしい)海、稀少な天然記念物・ジュゴンが餌(えさ)場とする豊かな海が今、埋め立ての危機に直面しています。日米両政府が辺野古沖海域とそれに隣接する大浦湾に巨大な米軍基地を建設しようとしているからです。新基地は軍港施設を合わせ持つ、オスプレイや戦闘機用の飛行場です。
 
 2013年末、仲井真(なかいま)沖縄県知事は県民の大多数の反対の声を押し切って、防衛省が申請した辺野古埋め立てを承認しました。しかし14年1月19日におこなわれた名護市長選で名護市民は「辺野古の海にも陸にも基地を造らせない」ことを公約として掲げた稲嶺進(いなみね・すすむ)前市長を再度当選させ、「辺野古新基地建設 NO!」の意思を鮮明に示しました。

 主権在民原理に立つ民主主義の国であれば、政府はこの名護市民の意思を尊重し基地建設計画を取りやめるはずです。ところが、安倍政権は市長選のわずか2日後、埋め立てを進める手続きを開始したのです。埋め立てをおこなうには諸工事が自然環境に及ぼす影響を調査しなければなりませんが、防衛省はその調査を請け負う民間企業を募集する入札の公告を強行しました。この政府の姿勢は名護市民をはじめとする沖縄県民の「新基地建設 NO!」の意思を正面から踏みにじるものであり、県民から激しい怒りが湧き起こっています。

 ところで防衛省が求める「調査」の結果が同省にとって都合のいいものになることは言うまでもありません。そこで私たちは調査を請け負う民間企業に防衛省に協力しないよう働きかけようと思います。このブログは防衛省の動きを監視し、調査を請け負う企業の特定に努めます。そして調査を請け負う企業が判明したら、それらの企業が防衛省による美しい辺野古の海の埋め立てに協力しないよう要請する活動を全国のみなさんに呼びかけようと思います。

 辺野古新基地建設を阻止する方法はいろいろ考えられると思いますが、私たちのこの活動はそれらの動きの一環として大事な役割を果たすと思います。
 このブログは事実を正確に伝えます。みなさんが情報を活用してくださることを心から期待します。        本ブログ編集部 2014年2月20日     

2019年3月25日月曜日

緊急!大成抗議:3月26日(火)17:30~@西新宿センタービル本社前

今日始まった新たな工区への埋め立ては、K-1護岸の付け根の方からです。工事をしているのは大成建設JV。絶対に許さないの声を拡げましょう。17:30~1時間ほど大成建設の前で行ないます。よろしくご参集ください。
#Stop辺野古埋め立て大成建設前抗議

2019年3月24日日曜日

大林組抗議:3月22日報告@品川本社前

、大林組前アピール活動は多い時で25名ほど集まりました。

18:30からの予定でしたが、人通りが多かったので、6時くらい早めの時間から準備と並行してアピールを始めました。

大林組は、駅前のインターシティというビル群の中の一角にあり、港南口からつながっているので、港南口の角にバナーを拡げ、埋めるな連のリーフとStop!独自のチラシを挟み込んだものを撒きました。人がたくさんいたので、受け取りは良くなくても170~180枚は撒けました。

参加者の皆さんに、マイクアピールもしてもらい7時半まで、かなり冷える中、頑張ってアピールできたと思います。

新宿などと比べて、品川はとにかく足早です。チラシは受け取らなくてもちら見していく人はかなり多いので、大林組の人に対してもアピールできていると思いました。

参加して下さった方、準備から手伝ってくださった方、ありがとうございました。

2019年3月8日金曜日

大林組抗議:3月22日(金)18:30~@本社最寄品川駅港南口

#0322辺野古を埋めるな大林組前行動


43万人の沖縄県民の声を無視して土砂投入を強行する
大林組に抗議の声を

辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会の「沖縄の声を聞け、止めろ!新たな土砂投入」連続行動の一環として、大林組最寄りの品川駅港南口でアピール行動をします。大企業が林立している品川駅港南口では、退社時間(午後5時~7時頃)には大変大勢の人々が品川駅に向かって移動してきます。大林組の社員だけでなく、周辺の企業に働く人にも、辺野古の問題をアピールしましょう。

3月22日(金)18:30~@本社最寄品川駅港南口
呼びかけ:Stop!辺野古埋め立てキャンペーン
協力:辺野古の海を土砂で埋めるな!首都圏連絡会





大成抗議:3月19日(火)17:30~@新宿センタービル本社前&西口地下スタンディング

大成建設への抗議は、いつも通り、第3火曜日19日17:30~本社前と18:00頃より新宿駅西口地下でのスタンディングです。よろしくご参集ください。ぜひ、帰宅する大成の社員に工事を進めないようスピーチを考えてきてください。

2019年2月21日木曜日

五洋抗議:2月26日17:30~@飯田橋東口 スタンディング&チラシまき

26日17:30~定例の五洋抗議を行います。スタンディング&チラシまきをします。よろしくご参集ください

大成抗議:2月19日報告@福岡九州支店

2019.2.19大成建設九州支店前抗議アクションの報告

うれしい!今日は8人の参加者。私はいつも家を4時に出て、4時半についてしまう。20分待たねばならない。ところが、もう来てる人がいた。初めての参加者だ。Oさんという。パネルを貼りながら、Oさんと話ししていたらあっという間に20分が経ってしまった。今日は警固公園でのデモ行動もあり5時半までなので、警備員との交渉は省略して、要請文読み上げから入った。ところで抗議行動が終わって、パネルを車に積んで引き上げるのだが、いつも警備員はもう姿を消している。ところが今日は私が車で引き上げるまで警備員がいた。不思議に思っていたが、今日は早く引き上げたので、私たちが居なくても、時間は守るのだな~とあきれた。
Fさんが意見の中に、云々という言葉が出て来た。彼女は付け加えて・・・云々(うんぬん)を安倍首相が(でんでん)と読んで、笑われた。後で閣議で(でんでん)と読んでよいと決めたそうだ。と言ったら、笑いが起こった。忖度と恥の上塗り。

(1)要請文読み上げ
要請書
辺野古米軍新基地建設工事の受注を撤回し,工事の即時中止を要請します
  私達は、沖縄県名護市・辺野古に米軍基地は作らせないことを2度の選挙で示し、平和のために行動し続ける沖縄県民と連帯して福岡で行動する市民の集まりです。
  私達は、20146月に御社が国から受注した辺野古への米軍新基地建設工事の中止と撤退を求めます。
      
大成建設は工事を即時中止し、撤退してください。
 安倍首相が、130日、31日の衆議院代表質問で、軟弱地盤の存在と地盤改良工事の必要性を発表し、年内にも知事に設計概要変更申請の手続を行なうと答弁しました。
 玉城デニー知事は「まさにわれわれが撤回の事由に挙げていた軟弱地盤の存在を、国が認めた。政府は即刻工事を中止して県と協議するべきだ」と工事中止を訴え、変更承認に応じないと語りました。
 知事の承認がなければ、工事を進めることはできないのです。
 そもそも本来作れるはずのない軟弱地盤の上で工事をしようとしていることがまちがいなのです。今後の工事は相当な難工事が予想され莫大な費用が掛かるうえ、完成も不可能なことが予想されるので中止するのが最善の選択なのです。
 大成建設は無駄な工事を即時中止し、撤退してください

水面下90mまで軟弱地盤が続いていて、工事は不可能です
安倍首相が答弁で隠していたが2月に明らかになった事実は、軟弱地盤が70mではなく90mにもおよぶことです。防衛局追加の音波探査やボーリング調査をした結果、ケーソン護岸(C-1)部分には水面下90mの深さまで軟弱地盤が続いていたのです。
 90mもの軟弱地盤が存在しているのでは、工事自体が不可能です。
 地盤工学が専門の鎌尾彰司日本大学准教授によると、国内の地盤改良工事で実績があるのは深さ50メートル程度まで。国内の作業船も深度70メートルまでしか対応できない。90メートルという深さの工事は難度が非常に高く、「地盤改良が可能かどうかも想像すらできない」との見解を示しています。
沖縄防衛局の報告書にも、国内のサンドコンパクション・サンドドレーンの作業船一覧が掲載されています。それによるとサンドコンパクション工法の作業船は国内に16隻あるが、うち2隻が最大打込深度70mほどとされているだけで、ほとんどは50mほどまでしか改良できない。また、サンドドレーン工法の作業船は8隻あるが打設深さは5060mとされています
 90mの地盤改良工事は、安倍総理がいうように「一般的で施工実績が豊富」どころか、「改良工事の例はない」のでいずれ工事が行き詰まることは明白です。
  軟弱地盤は大浦湾側の約半分にもわたって広がっている
 そのうえ軟弱地盤は大浦湾全体に広がっていて、大浦湾側の新基地面積115haのうちの約半分の57ha範囲で地盤改良工事が必要なのです。
最も深い軟弱地盤大浦湾東側のC1護岸を建設する予定の地点で見つかりました。水深30メートルの海底から約60メートルにわたって軟弱層が存在しており、護岸の内側の埋め立て部分でも水深約80メートルの厚い軟弱層が発見されていたのです
もう一つ判明したのが砂杭の多さです政府大浦湾の海域約57ヘクタールの地盤改良のため、砂の杭約6万本を水深70メートルまで打ち込む工事を検討していると説明していました。6万本の内訳は、強く締め固めた砂杭を地盤に打ち込んで密度を高める「サンドコンパクションパイル」と呼ばれる工法を使う護岸・岸壁部で、約4万本を使用する。砂杭を打ち込んで地盤の水分を抜く「サンドドレーン」と呼ばれる工法を使う埋め立て部で、約2万本を使用する。10年以上かかる難工事です。
 いずれも水深70メートルまで改良することを想定しているそうです。
しかし実は水深は90mであり、それを大きく超える77000の杭打ちが必要となることが分かりました。これほどの環境破壊をすることは許されません。
 埋め立てに適さない海域に、大型構造物の建設を強行するのは、無理
 果たして総工費がどこまで膨れ上がるのか、完了までに何年かかるのか。 県は独自に工費が約2兆5500億円、工期が13年以上延びると試算したが、これは新事実が判明する前の数字で、さらに増大するのは必至です大成建設は自社が請け負っている工事の工費と工期を明らかにしてください。
この間の政府のだまし討ちは許せません。以前から指摘されていた軟弱地盤の存在も隠し続け、今年1月にやっと認めました。情報を隠蔽して県民をだまし、土砂投入という既成事実を積み上げて、県民の諦め感をもたせようとしています。民意を無視した民主主義を踏みにじるやり方を許すことはできません。
県幹部の一人は「仮に技術的に(地盤改良工事が)可能だとしても、辺野古移設では時間と費用がかかって普天間飛行場の一日も早い返還につながらない」と語りました。
 これだけ広範囲の地盤改良の必要があること自体、県が埋立承認撤回の理由としたように、基地建設の立地条件が整っていないということを示しています

防衛局は工事の容易な辺野古側での埋立を強行していますが、肝心の大浦湾側の工事はもう不可能だということがますます明かになってきました民意に反する上に工事自体が不可能な辺野古新基地建設工事は税金の無駄遣いです。
大成建設はすぐに工事を中止してください。
(2)個人の意見
Fさん
昨年1214日に沖縄辺野古の土砂投入が始まり2ヶ月が過ぎました。
ところが、その工事の進め方は、法律もなにも無視したデタラメなやり方です。

(1)2.24県民投票を諦めさせようとする安倍政権
安和の採石場からたくさんのダンプトラックがほんの少しの土砂を積んで琉球セメント桟橋に運んでいます。ガット船も3隻に増えたそうです。如何にもたくさんのトラックが埃を上げてじゃんじゃん走っていて、どんどん埋立を行っているように見せかけています。これも沖縄県民を諦めさせるための、猿芝居なのでしょうか。民意を無視する政府ですが、224日の県民投票がよほど気になるのでしょう。県民が諦め反対票が減るのを狙っているのでしょう。
224日の県民投票は、若者達の署名を受けて県議会で条例が成立しました。
しかし、安倍政権の意を受けた5市長は2択に反対する「チーム沖縄」のフラクをつくり「オール沖縄」に対抗して沖縄の亀裂と分断の戦陣を切りました。しかし、5市の有権者や県民投票の会の代表のハンスト、そして若者の決起に動かされ、3択の提案を飲まざるを得なかったのです。
今回の県民投票は、「最多の選択が投票資格者総数の1/4に達すれば、知事は結果を尊重し、首相と米大統領に通知する」となっています。政府は、昨年末、県民投票の結果を待たずに、土砂を投入し既成事実を作ろうとやっきになりました。しかし、この県民投票によって「反対」多数の民意が示されれば、工事を強行してきた政府に対する厳しい審判ともなるのです。今や、沖縄の県民投票は日本全土の関心事となり安倍政権への厳しい評価となって突き刺さるでしょう。
辺野古でも、128日に、N4護岸工事に着手しました。土砂陸揚用桟橋となるK8護岸をつくるためです。
また、325日から、「工区②」の土砂投入を通知してきました。これらも、2月24日の県民投票への圧力なのです。あらゆる手を使って、県民投票を叩きつぶそうとする安倍政権を許すことはできません。また、この安倍政権の卑劣な工事強行に加担する大成建設は直ちに辺野古新基地建設から手を引きなさい。

(2)国・防衛局の指示で海上警備業者が、反対派の船長やカヌー隊の個人情報を収集している

128日毎日新聞は、辺野古新基地建設工事での海上警備業者の個人情報違法収集問題は、防衛局が指示していたと報じました。この問題は20165月、海上警備業者が抗議船の船長やカヌーメンバーの写真、名前等個人情報を収集し、警備活動に使うというとんでもない人権侵害をやっていたのです。防衛局は「リストは業者が勝手に作成したもので防衛局は関与していない」と言っていたのですが、警備会社の内部文書に「反対運動を継続的に行っている人及び船舶の傾向を把握し、より安全な作業を実施していくために、反対派リストのようなものを作り監視して欲しい旨の依頼がありました」と記載されているというのです。更に29日の毎日新聞トップニュースでは、「市民の開示請求後、保有文書から個人情報が消された疑いがある」というのです。事実だとすれば、市民の権利を奪う、非常に悪質な行為です。許せません。

(3)水面下90mまでの軟弱地盤改良工事をあくまでやろうとする安倍政権と、これに立ち向かう沖縄人民との対決

安倍首相は13031日の衆議院代表質問で、軟弱地盤の存在と地盤改良工事の必要性を発表し、年内にも県知事に設計概要変更申請の手続きを行うと答弁しました。そして、21日の琉球新報は水面下70mの深さの軟弱地盤改良工事のために6万本の砂杭が打設されると報道しました。護岸にはサンドコンパクションパイル工法で、砂杭4万本。埋立部分にはサンドドレーン工法で砂杭2万本を打設するというのです。しかし、実は軟弱地盤が水面下90mにも及ぶことが明らかになり、6万本を大きく超える7万7000本の杭打ちが必要になることがわかりました。そして、杭が打たれる範囲は大浦湾側の新基地面積のちょうど半分の57haにもなるのです。その費用は県の計算では、1500億円で15年はかかるだろうといわれています。勿論、玉城デニー知事と沖縄県民の、この設計概要変更申請を承認しないという決意は固いのです。しかもこの90mの落ち込みは活断層によるものだと言われています。活断層が認められれば、原発も造ることはできません。ましてや危険な軍事基地を造ることなどできません。安倍政権、大成建設は今すぐ辺野古から撤退しなさい。

(4)2月18日は「普天間返還」の日。普天間を返還するつもりのない米軍と安倍政権

2月18日は「普天間の返還」の日です。元仲井真知事が辺野古埋め立てを承認した理由の一つが、安倍首相の「普天間は5年以内に運用停止」の約束だったのです。これは、辺野古新基地建設とは切り離された約束でした。それが普天間基地の代替基地辺野古新基地と変節し、辺野古新基地が出来なければ普天間は返せないとなってきたのです。
昨年1214日、岩屋防衛大臣は、普天間飛行場の返還の「目的達成はなかなか難しい」「移設作業が遅れてきたので」と反対する県側に責任があるかのように発言しました。政府は口を開けば辺野古新基地建設は「普天間の危険性の除去のためだ」と言ってきましたが、その実、本気で「普天間の返還」を考えてはいないことが一段と鮮明になってきました。
 そして「沖縄の負担を日本全土で軽減してもらう」と言いながら、築城基地の滑走路延長や米軍用弾薬庫新設・米軍用燃料庫新設・米兵用宿舎新設等の計画が打ち出されました。
防衛省は「沖縄の負担軽減」、「普天間の海兵隊の緊急的使用」などと言っていますが、アジア最大の基地となった岩国米軍基地のための「サブ基地」として機能させることが主たる目的ではないかと現地ではいぶかっています。そして、築城基地や日出生台でのオスプレイ訓練。日出生台では市街地の上空をオスプレイが飛んだと怒りの声が上がっています。住民の反対の声など全く聞かないというのは沖縄と一緒です。
沖縄の「負担軽減」とは、「本土の沖縄化」なのです。宮崎県の新田原にも米軍用弾薬庫建設が言われています。佐賀県の佐賀空港へのオスプレイ配備と軍事基地化、長崎県の佐世保に自衛隊の水陸機動団(日本版海兵隊)の配備。それから、馬毛島を政府は160億円で購入するという。岩国から1400km離れた硫黄島で訓練をやっていた米軍の強い要望もあって、岩国から400kmの馬毛島を強く希望していた米軍のために、160億円も叩いて日本政府が購入するのだそうです。地元の西之表市は「島が米軍との合同訓練場になる。オスプレイも来るのではないか。戦争のための訓練場になる」と反対しています。

(5)昨年12月18日、安倍政権は、防衛大綱を閣議決定しました。

大綱ではこう述べています。激変する安全保障環境の中で、我が国が主権・独立を主体的・自主的な努力によって、守る体制を抜本的に強化し、役割の拡大を図っていく必要がある。とし、日米同盟や安全保障協力の強化は不可欠である。国際社会も我が国の国力にふさわしい役割を果たすことを期待していると述べています。そして、真に実効的な防衛力を構築するため、防衛力の質及び量を必要かつ十分に確保していく。新たな防衛力(宇宙・サイバー・電磁波等)の構築に向け変革を図っていく。云々
さらに、対中国対決・敵視政策を前面に打ち出しています。「国際社会で中国などの国力伸長によりパワーバランスの変化が加速化し、既存の秩序を巡る不確実性が増加している」と述べているのです。米国の世界支配の没落と後退は日米同盟にも変化を余儀なくされています。日米同盟の軍事再編で自衛隊が世界に打って出る防衛大綱の決定的な転換を図っているのです。憲法改悪を待たずに、自衛から侵略へと質と量の転換を図ろうとしているのです。とても許すことは出来ません。
F35Bステルス戦闘機やオスプレイを搭載する護衛艦「いずも」の空母化。
F35B戦闘機42機、F35A戦闘機63機、イージス・アショア2基を米国の「言い値」で購入するなど、膨大な軍事費の高騰、戦争体制の激しい強化は許せるものではありません。
 こういった中で、政府は先島(宮古島、石垣島)と奄美大島にミサイル基地を建設しようとしています。海洋限定戦争(エアシーバトル戦略)とは、中国の軍事力を先島諸島で封じ込める作戦です。与那国島には陸上自衛隊の監視部隊が一昨年に発足しました。宮古島は、陸上自衛隊のミサイル基地と隊員と家族の宿舎(380人規模)の建設が進められており、今年の3月が完成の予定です。
 そして、沖縄本島では、普天間、嘉手納、を要とした基地群、そして北部では、辺野古新基地を起点に、伊江島補助飛行場、北部訓練場を結ぶ三角地帯を新たな米軍の拠点として整備しているのです。
このように、第一列島線に沿って、先島諸島、沖縄本島、奄美大島、佐世保、佐賀空港、岩国、築城、日出生台、新田原・・と中国包囲網が形成されているのです。その要に、辺野古新基地を据えようとしているのです。
この辺野古新基地について、米軍は「新しく近代的で効率的な施設から海兵隊は利益を得るだろう。隊員とその家族を何世代にも渡り支えられる」と辺野古新基地建設を評価しているのです。何世代にも渡って、居座るつもりです。冗談じゃない。大成建設は米軍がこの先何年も日本を植民地として支配していく手助けをしているのです。金儲けのためには何でもやる大成建設。死の商人と化した大成建設。軍事化によって金儲けをするのはやめてください。大成建設は即刻、辺野古新基地建設事業から撤退してください。

2019年2月17日日曜日