ブログ開設にあたって


【ブログ開設にあたって】 活動の趣旨

 沖縄(本)島の名護市以北、山や森の多い自然豊かな一帯をヤンバル(山原)といいます。このヤンバルの東海岸に自然景観に恵まれた辺野古(へのこ)の海が広がっています。美しい辺野古の海は、沖縄県の環境保全指針で「自然環境の厳正な保護を図る区域」であるランク1とされていますが、それは沖縄島ではごくわずかになった自然海岸がみごとに残っているからです。

 ところがこの美(ちゅら、うつくしい)海、稀少な天然記念物・ジュゴンが餌(えさ)場とする豊かな海が今、埋め立ての危機に直面しています。日米両政府が辺野古沖海域とそれに隣接する大浦湾に巨大な米軍基地を建設しようとしているからです。新基地は軍港施設を合わせ持つ、オスプレイや戦闘機用の飛行場です。
 
 2013年末、仲井真(なかいま)沖縄県知事は県民の大多数の反対の声を押し切って、防衛省が申請した辺野古埋め立てを承認しました。しかし14年1月19日におこなわれた名護市長選で名護市民は「辺野古の海にも陸にも基地を造らせない」ことを公約として掲げた稲嶺進(いなみね・すすむ)前市長を再度当選させ、「辺野古新基地建設 NO!」の意思を鮮明に示しました。

 主権在民原理に立つ民主主義の国であれば、政府はこの名護市民の意思を尊重し基地建設計画を取りやめるはずです。ところが、安倍政権は市長選のわずか2日後、埋め立てを進める手続きを開始したのです。埋め立てをおこなうには諸工事が自然環境に及ぼす影響を調査しなければなりませんが、防衛省はその調査を請け負う民間企業を募集する入札の公告を強行しました。この政府の姿勢は名護市民をはじめとする沖縄県民の「新基地建設 NO!」の意思を正面から踏みにじるものであり、県民から激しい怒りが湧き起こっています。

 ところで防衛省が求める「調査」の結果が同省にとって都合のいいものになることは言うまでもありません。そこで私たちは調査を請け負う民間企業に防衛省に協力しないよう働きかけようと思います。このブログは防衛省の動きを監視し、調査を請け負う企業の特定に努めます。そして調査を請け負う企業が判明したら、それらの企業が防衛省による美しい辺野古の海の埋め立てに協力しないよう要請する活動を全国のみなさんに呼びかけようと思います。

 辺野古新基地建設を阻止する方法はいろいろ考えられると思いますが、私たちのこの活動はそれらの動きの一環として大事な役割を果たすと思います。
 このブログは事実を正確に伝えます。みなさんが情報を活用してくださることを心から期待します。        本ブログ編集部 2014年2月20日     

2020年7月5日日曜日

大林組抗議:7月14日(火)17:30~@品川駅港南口本社最寄り

定例の大林組抗議を行います。プラカードなど思い思いのアピールをお願いします。念のためマスクの着用をお願いします。

2020年6月22日月曜日

大成抗議報告:@福岡九州支社

6人が参加。今回は車のドライバーやバスの乗客に向けてアピールをしようということで、参加者の方が作ってくれた手縫いの横断幕2枚 ~「大成建設は税金で米軍基地をつくるな!」「可愛いジュゴンのアップリケ」〜 を大成建設の前で道路側に向けて張った。とても見栄え良くアピールができていたと思う。
また、今回はビラ配りよりプラカードでのアピールを重視。毎回「がんばれよ」と言ってくれる男性や、ビラを取りに来てくれた女性がいた。大成建設から出て来た男性がビラを取って、読んでいる姿もあった。

◎要請書
沖縄県議選で勝利!民意は辺野古新基地建設反対

 沖縄県は第25回環境監視等委員会(4月10日)の報告を受け、4月17日、防衛局に対し、「事業を停止して、ジュゴンの海遊状況や生息環境等を改めて確認する等、事業によるジュゴンへの影響を再評価すること」・「再評価の後、ジュゴンの保護策について沖縄県等関係機関との協議が終了するまでの間、事業を再開しないこと」という行政指導を行いました。
  それに続いて沖縄県議選があり、結果は辺野古新基地建設に反対する玉城デニー知事を支える県政与党が過半数を取り勝利しました。辺野古新基地建設反対が沖縄の民意であることが今回の選挙でも明らかになりました。

大成建設は沖縄県の行政指導に従い、工事を中止せよ

  しかし防衛省沖縄防衛局は12日、工事関係者に新型コロナウイルス感染者がでたために中断していた工事を約2か月ぶりに再開し、埋立予定海域に土砂を投入しました。
  辺野古の米軍キャンプシュワブのゲート前で座り込み抗議する沖縄平和運動センターの山城博治議長は「憤り、怒りでいっぱいだ。これだけ民意を無視する行為は政府のやることじゃない。移設への県民の理解は進んでいない」と語ります。
  大成建設は県の行政指導や民意を無視して、工事を再開するのはやめてください。

ジュゴンは生きている
このまま工事をしたら、ジュゴンが生きられない

  大浦湾には日本に50頭しかいないといわれるジュゴンが3頭生息していました。しかし昨年そのうちの一頭である母親Bの死体が発見されました。工事によって環境が破壊されたためではないのか、残る2頭もまだ生存しているのかと心配されていました。しかし今年に入って2月にジュゴンの鳴音が42回も確認されたことでジュゴンが生きている可能性があることがわかりました。
 これはうれしいニュースですが、このまま埋め立てをしたら海が破壊されてジュゴンは生きることができなくなってしまいます。運搬船とジュゴンの衝突事故も心配されています。ジュゴンを守るために、一旦工事を中止して、調査をし、ジュゴンの保護のための施策を出したうえでなければ工事はしてはいけないという行政指導を、沖縄県は行いました。
 大成建設は沖縄県の行政指導に従い、工事を中止してください。大成建設は工事業者として環境保全に責任があるので、今後の工事でジュゴンの生息環境はどうなってしまうのかについて見通しを答えてください。大成建設はジュゴンの生命を守ろうと考えているのか否かについて、回答してください。

大成建設は大浦湾をジュゴンもサンゴも住めない海にするのですか

 防衛局は大浦湾のサンゴを78000群体も移植しようとしています。しかし移植してもサンゴの生存率は1割といわれ、そもそも大浦湾の環境保全効果も期待できません。移植が大浦湾の環境保全にどうつながるか、大成建設は説明してください。大浦湾の海は大量の土砂投入によって、ジュゴンもサンゴも住めない海になってしまうのではないですか。工事が完成したら海の環境がどう変わるのかを、大成建設に質問します。

大浦湾一帯に土砂を投入するのは海を殺すことです

 変更された防衛省の設計概要によると外周護岸を完成させる前に先行盛土をしようとしています。大成建設が設置した汚濁防止膜が7mの深さしかないのに、42mの水深の大浦湾に赤土交じりの岩ズリを投入する、7mの深さになるまでの、深さ32mに赤土交じりの岩ズリを投入するというのです。それを外周護岸ができていないうちにやってしまえば大浦湾全体に土砂が広がり、大成建設が28億も使って設置した深さ7mしかない汚濁防止膜などは何の役にも立たず、サンゴが死滅してしまうのではないですか。
 大成建設の汚濁防止膜の工事は何の役にも立たない結果になることを最初から分かっていて、28億円もの無駄な工事をしてきたのですか。28億円は会社の利益になるので、汚濁防止膜は意味がないことはわかっていながら設置したのか、それとも何かの海洋汚染防止の意味があるのかについて、回答ください。

リサイクル材を埋め立てに使ったら、海洋汚染で生物が住めなくなりませんか

 さらには設計計画変更の中でリサイクル材を埋め立てに使うことになっています。リサイクル材とはどんなものでしょうか。大成建設は海砂の代わりにどんなリサイクル材使って埋めようとしているのかを教えてください。
 大浦湾の軟弱地盤の工事はサンドコンパクションで砂杭を打ち込む工法です。一般にサンドコンパクション工法には鉄鋼生産の過程で大量に発生する鉄鋼スラグが使われることが多いそうです。しかしこれには有毒物質であるフッ素や六価クロム、強度のアルカリ性があり、もしも鉄鋼スラグを使えば大浦湾の生物が死滅するかもしれません。大成建設は、こういう有毒物質を含んだ鉄鋼スラグを決して使わないと約束できるのかどうか、質問します。

技術検討委員会の委員長は契約関連会社の相談役

 軟弱地盤の改良工事について議論する技術検討委員会を防衛庁が設置しました。技術検討委員会の委員長は、ジェコス㈱の相談役でこの会社は仮設鋼材のリース会社です。また大浦湾のケーソンを生産するJFEホールディングスの子会社です。同時に鉄鋼スラグを扱っているJFEスチールは同じ系列です。
 工事を請け負っている会社の関係者が委員長に据わって、自分たちの会社が儲かるように意見を出すのでは、中立性は担保できません。検討委員会の委員長は自分たちの会社JFEスチールが生産したリサイクル資材、鉄鋼スラグを使って大浦湾のサンドコンパクション工事をしたら大儲けができると考えないでしょうか。
 鉄鋼スラグなどを使ったら六価クロムで大浦湾の生物が死滅してしまいます。大成建設が大量の土砂で大浦湾を埋立て、生物を死滅させることがないように、今すぐ工事を中止して下さい。

以下、大成建設に質問です。

1.今後の工事でジュゴンの生息環境はどうなるのか。その見通しを答えて下さい。
2.サンゴの移植により、環境が保全されるのか。
  工事が完成したら,海の環境がどう変わるのか。
3.28億円の汚濁防止膜は7mしかなく、何の役にも立っていません。意味がないとわかっていながら設置したのか。それとも何かの意味があるのか。
4.リサイクル材とはどんなものですか。有毒物質であるフッ素や六価クロム等の鉄鋼スラグではないでしょうね。鉄鋼スラグを決して使わないと約束できますか。

※以上の点について、文書で7月15日までに回答してください。

◎参加者のスピーチ

・ 河野防衛大臣がイージスアショアの計画を停止した。「迎撃ミサイルのブースターが安全な所に落ちるかわからないので、修復するのに2000億円かかり、10年を要するので合理性がない」というのが理由である。では沖縄はどうか。軟弱地盤の土地改良工事に9300億円で13年かかる。しかも恐らく基地はできない。合理性がない。しかも沖縄県民の7割の人が反対の意志を示している。今度の県議選でもそのことが示された。
秋田の県知事が反対をはっきり示したという。沖縄は玉城知事が何度も政府と会い、反対を訴えた。だけど今度も工事を始めた。差別だ。許されない。大成建設はこのような基地建設をすべきじゃない。

・ 沖縄県議選で,辺野古基地建設反対派が過半数なのに、基地建設を始めている。福岡県がそうだったらどう思いますか。博多湾に米軍基地を造るんだと。知事も議員もみんな反対してるのに。

・ イージスアショア計画の中止。沖縄に当てはめたら、辺野古の近くに、小、中学校と高等専門学校があり、どれも飛行ルートの制限区域を越えていて危険です。イージスアショアは止めて、辺野古は止めない。沖縄差別だ。

・ 大成建設「地図に残る仕事」。社員の子どもに聞かれたら「米軍基地を造る仕事」と言わしたくないなー!大成



建設の社員のみなさん!「地図に残る仕事」は米軍基地ではないと思います。

・ 大成建設は私たちの要請書を受け取りもせず、一切拒否し、ガードマンを配置し私たちの声を聞こうともしません。こんな事が許されますか。大成建設は、埋立の半分近くを受注し、沖縄の人々の反対の意志を踏みにじり、戦争のための米軍基地建設を強行しています。

・ 安倍政権が進めている、沖縄における全線基地強化と、全国における米軍基地の更なる強化に対して、大先鋒で反対の意志を示しているのが、沖縄の人々ではないでしょうか。私たちは安倍政権や米軍と共に一緒になって戦争を進めていく自衛隊に反対します。先日も自衛隊の護衛艦が中東に出港しました。航空機は既に中東で全開で行動しています。こうした米軍と共に戦争を進めていく基地として辺野古新基地は造られようとしているのです。

・ 大浦湾の基地建設がどんなに杜撰なものであるか、明らかになっています。山口県と秋田のイージスアショアについて、防衛大臣が明らかにしました。安全だと言っていたブースターが、いままで危なくないかと聞いても「安全だ」と答弁を繰り返してきた。しかしその根拠が出鱈目だった。沖縄においても同じです。辺野古の大浦湾には、活断層が有り、軟弱地盤があるということを沖縄の人々は明らかにしてきました。安倍政権の様々なデータの嘘、誤魔化し、イージスアショアも辺野古新基地のデータも全く同様です。その悪質さが極まっています。大成建設はこの責任を絶対にとらねばなりません。

・ 大浦湾のサンゴは埋め立てれば取り戻すことは出来ない。そうして破壊して全てを埋めていく大成建設を許すことは出来ません。軟弱地盤の改良工事をするのが大成建設です。みなさん沖縄の人々と一緒になって反対の声をあげていきましょう。

五洋抗議:6月23日17:30~@飯田橋東口本社最寄り

6月23日は沖縄の慰霊の日です。沖縄に思いをはせながら、定例の抗議行います。プラカード、お持ちください。マスクの着用をお願いします。

2020年6月14日日曜日

大成抗議:6月16日(火)17:30~@新宿センタービル本社前&新宿西口地下スタンディング

定例の大成抗議です。6月12日より、工事が再開されました。怒りの声を大成建設に届けよう。マスクの着用をお願いします。

2020年6月6日土曜日

五洋株主総会抗議:6月25日(木)9:00~@飯田橋東口集合

五洋建設の株主に向けて、埋め立て工事を断念するよう、呼びかけましょう。飯田橋東口集合した後、本社前に移動します。10:00までやります。念のため、マスクの着用をお願いします。

大成株主総会抗議:6月24日(水)9:30~10:15@新宿センタービル前

大成建設は株主にリモート参加を呼び掛けていますが、私たちは大成建設に対して、工事を止めろ、新しい受注をするなと訴えます。念のためマスクの着用をお願いします。

2020年5月24日日曜日

五洋抗議:5月26日(火)17:30~@飯田橋東口本社最寄り

定例の五洋建設抗議です。工事はストップしていますが、いつ再開されるか分かりません。埋め立て止めて!新たな受注をしないで!アピールをしましょう。参加される方はマスクの着用お願いします。